スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
友達
そらは、フリースクールで沢山の友人ができた。
焼き肉を食べているとき、ふいに言った。

「私・・結婚する人や付き合う人は
一度精神的にすごく悩んだりしたことがあるひとがいいな」

「今のフリースクールの友人たちは
人間関係やいろんな理由で不登校になったが
みんな、一回傷ができたから
すごーーーく優しいんだ。」

「傷ついたことのある人は、苦しかったぶんだけ人の気持ちを考えるし
そういう人でないと、そらは駄目だと思う。
わかって、もらえないんだと思う。」
というようなことだった。

なんだか、そらはすごく大人になったねぇ
そういって聞いた。
最近のそらは、去年と比べて
すごく元気だし、しっかりしたこと言うようになった。
ママはすごく感心するよ・・と続けた。

そうでしょーーーとそらは笑った。

私は去年のそらの様子を思い浮かべた。
つらかったことは、もう過去になっている。

この前、バザーで学校にいったとき
子供が学校にいっていないというだけで肩身が狭い気持ちがした。
なんとなく、下をむいてしまうような。
そらは毎日こうだったんだなと思った。

教室からの視線が気になり、
廊下ですれ違う友達には目で否定された。
さみだれ登校が続くにつれて
居場所のない感じは強くなっていったらしい。

お腹がいたいといえば、またか・・という顔をされ
体育にでないのは怠けだと言われた。

心臓が痛くても、なかなか理解してもらえなかった。
でも、給食はしっかり食べました、などと言われた・・・
本当に様々なことがあった。

簡単に被害者になるつもりはない。
なぜなら、親も先生も戸惑いの中に居たと思うから。
前例のない事だったんとは思う。

そして、学校はすごく頑張るとこだったから。
頑張らない、ではなく、頑張れない子供は
励まし続けられる。

もっともっと、親が抗議すればよかった。
私は何もわからない親だった。
私自身、理解のない先生にいらだってはいたものの
もう少し、精神的に強くなって欲しいとも思っていた。

そらがおなががいたくなったり、心臓がいたくなったりして
教室にはいれなくなって
校舎の影で、そらに向かって
「お腹いたーーーい・・教室はいれなーーい」と
違う学年の生徒に何回か、からかわれた。

例のいじめの主犯が、部活動を通して先輩たちに
あることないこと告げ口をしたからだ。

そのころからそらは、学校全体が自分を
普通の子じゃないって思っている・・・とそう感じてしまうようになった。

敏感すぎるほどの痛んだ心と、それにともなうストレスは
競争しつづける元気な子供しかうけいれない「学校」の中では
異端児になった。

その当時のことを思うと
後悔ばかりがよぎる。

どうしてあのとき、頑張らせたのだろう。
それが正しいと、私も先生も思っていた。
そして、少し背中を押す事が、登校につながる事例もあるとは思う。
そうやって復帰した子供も沢山いる。

でもそらには無理だった。
ママ、学校にいってもなんにもいいことがないんだよ・・
よくそういった。
たのしいことの種は自分でみつけなくちゃ
少しでもいいからお友達と話しておいでよ
そう話したけれど・・・

今思えば続くはずがなかった。
学校には、どこにも居場所がなかったのだから。
保健室も、相談室も
頑張らせたいという学校の意図により
居場所がなくなった。

まだ2回だけれどカウンセリングを受けるたびに
私は心の中が後悔ばかりであることを知る。

そらはずっと、居場所がなかった。
でも今は、ようやく見つけた。
スポンサーサイト
【2006/11/17 08:01】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<只今都会のとある駅 | ホーム | 朝がきました。>>
comments
----
そらちゃん、いい感じに成長していってるんですね。
なんだか、そらちゃんのこれまでの道が
息子とかぶることが多くて・・・
いろんなことを思い出しました。
それだけに、そらちゃんの前向きな発言は嬉しいです。

今、冷静に考えればharuさんの言うとおりで
親も学校も教師も周りの友だちも初めてのことで
どう対処すれば言いかなんて誰も知らなくて、
自分の役割の中からどうすればいいのか
それなりに考えていたんですよね。

私も後悔することばかりです。
ああすればよかった、
もっとこうすればよかったって。
その後悔を、今後自分の中でどう処理していけばいいか、
少しずつ考えてきたいと思っています。
【2006/11/17 17:18】 URL | グッチ #-[ 編集] |
----
悩み迷うことばかりです
グッチさんの息子さんの様子は
私にも未来のそらでもあります
他の人のおこさんの様子もそう

不登校という 難しい問題だけど
一人じゃない安心感は ほんとに救いです

地域やご近所っきあいが薄い今
頼りになる人のない
不安な子育てでした

ダイレクトに同じことに悩む人に出会え
ネットはすごいな

【2006/11/18 13:26】 URL | haru #HbCZpky6[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/75-b80e731a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。