スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いじめのしくみ
突然ですが、いじめってどうして起きるのか・・と考えたことがありますか。
ここに訪問してくれる方々はきっと、何度も何度も考えた事と思います。

私はそらがいじめを体験するまで実感したことはなかったけれど
私は不幸せな人間ほど、誰かを痛めつけたいのだと思う。

幸せそうに見えても、元気そうに見えても、
実はたくさんのストレスを抱えている子供。
そんな子供がいじめをするんじゃないかと思う。
それは、大人だって同じ。
ストレスを知らず知らずに抱えている人が
平和そうにぼんやりしている人間をいじったり
叩いたりしたくなるのは、日常的にもよく目にするし
私もされたこともあるし、たぶん、したこともある。
大なり、小なりだ。

しかし子供は未熟なぶん、程度をしらないからタチが悪い。
大人も、見苦しいほどの事をする人は沢山いるけどね。

いじめのしくみ、みたいなものに
あらためて気がついたのは、「夜回り先生」の著作を読んでから。         
うっすらと感じていたことが そこには確信となってかかれていた。

私は、夜回り先生を知って、
自分の子供だけでもちゃんと育てようと思った。
世の中にはこんな素晴らしい先生がいる・・・
そして、こんなに傷ついて苦しんでいる子供がいるんだと
テレビをみて、本を読んで涙がとまらなくなった。

だから私の出来ることはちゃんとしようと。
世の中の、苦しんでいる子供たちを救う事は出来ないけど
せめて自分の子供だけは。

私たちは、競争社会に生きて子育てレースに参加している。
公園デビューの頃から、成長の度合い・言葉の数、運動能力・・・
そんなものを他の子供と比べたり標準値と比べて、
迷ったり焦ったりしてきた。

うちはもともと成長が早くて、言葉の数も多い子供だったため
いいわねぇ・・・とよく言われたけれど、
時々嫉妬も混じって複雑な感じだった。
早い成長、そういうことを素晴らしいという風潮がすごくあった。
私も、早期教育とか、興味シンシンだった。
でもばからしくなってやらなかったけれどね。

そらは学校をリタイヤして
戦う必要がなくなったけれど、
そらの仲良しだった友達は荒れ始めた学校で戦い続けている。
簡単にいえばいじめが蔓延しばじめて、
友人は時々のけ者にされているらしい。

そらの中学は地域でも有名な穏やかな中学だったけれど・・・・
最近荒れ始めている。

そらはかつて大親友だったその子との距離を気にしている。
不登校を決めてもう親友ではいられなくなったと思っていた様子。
でも今回悩みを聞く機会があって
またもとの仲良しに戻れるかなと少し思っているみたい。

でも私はその親友が小学生の頃に、
厳しい親のしつけにたえかねて、ストレスをそらにぶつけて
そらを傷つけたことを、忘れられないでいる。

はじめて、学校にはいきなくないと泣いたのは、その当時4年生だった。
どうして、ともだちなのに、ふたりきりになると
あんなひどい事を言うの?
そらはわからないよ・・・
そういって悲しくて泣いた。

その子も苦しかったんだろう。
その後、厳しい親の前で何度も何度も嘘をつくその子の様子も目にしてきた。
知らないのは親ばかり。
結局私が相手のお母さんに事情を話した。
そのお母さんだって、決して悪い人じゃない。
ただ、いつも走っているんだと思う。

そんないじめが他の子供にリンクしていかなかったのは、
そらが弱気だったわけではない。そらはいじめをしたくなかったからだ。
自分がいじめられて傷ついたからだ。

いじめで自殺してしまう子供たちは、
みんな人をいじめることが出来ない、いじめる前に消えてしまうくらい
儚い心の、優しい子供たちだったんだと思う。

なんか・・・長くてすみません。
ここまで読んでくれた方、
本当にありがとう。
スポンサーサイト
【2006/11/06 14:35】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<長い手紙 | ホーム | のだめカンタービレ エキストラ>>
comments
----
なるほどなっと思って、読みました。
いじめられた子はそのストレスを誰かをいじめることで発散する。でも、それができない優しい子が追い詰められて、いっぱいいっぱいになっちゃって、自殺をしてしまう。

いじめっ子もいじめられっ子も、言うなれば社会の犠牲者?かも。(このことは、私も以前から思っていました。)でも、いじめられた立場の人になかなかそういう考えをわかってもらえないような気がして、自分のブログには書けないでいました。

このストレス社会を変えていかなければ、いじめはなくならないかも???
社会を構成しているのは、私たち一人ひとりなんだけれど、大きな問題すぎてどうしたらいいかわからない。どうしたら、今の社会のストレスを軽減できるんでしょうね?
【2006/11/06 23:37】 URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集] |
----
今日のヤフーニュースである団体が、いじめのアンケートをとった結果が載っていました。いじめをやるほうが悪いというのが半数以下。しかも、「いじめが悪いとは思いません。人が(いじめを)やるのもその人の個性だ」と考える小学生もいたようです。呆れました。
いじめる側まで含め社会の犠牲者だと考えていた私の考えは人が良すぎる、考えが甘いと思いました。
今の現状はひどすぎです。
【2006/11/07 10:40】 URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集] |
----
haruさんの言いたいこと、
最近私が考えていたことと同じだったので
驚きながらも激しく共感します。
イジメは、イジメられたり厳しくされて溜まったストレスが、次のイジメへと連鎖してしまうんじゃないか、って。
イジメられて、どこにも逃げ場がなくなった子どもたちは、自分がされていたことを他の子にできなかった優しい子なんだって。

そらちゃんも、辛いことあったんですね、小学校で。
今その友だちが苦しい思いをしていることで
自分がされていたことを超えて手を差し伸べようと思っているのかな。
そらちゃんの優しさが、その友だちに伝わるといいと思う一方で、
はやりharuさんと同じく、
一度でも我が子がイジメられたという許せない思いもありますね。

そういうことを考えるたび、
やはりどうしても我が息子のことに考えが及びます。
息子は何とか生きていくことができているけれど、
自分がイジメられていたからって
誰か他の子をイジメてストレスを発散するような子じゃなくて、よかったです。
その分、辛い時間を長いこと過ごす羽目になったけれど、かえってその方が息子のためにはよかったかな、と思います。
イジメることがどんなに愚かで情けないことか、
そういうことを知っている息子に育ってよかったと思っています。
あ、また親ばかになっちゃいましたね (^^;ゞ
【2006/11/07 18:56】 URL | グッチ #-[ 編集] |
----
ふみごんさんへ
私も甘かったです。
ふみごんさんと同様に、いじめる側にも何らかの心の疲れがあり、それをわかってあげてほしいという気持ちがありました。
先生やその子供たちの親にです。

でも、とことん、歪んでしまっているんだね・・・・・
すごくショックでした。
でも、子供は純粋な心で生まれてくる・・と思っています。
歪んだ社会が、子供たちに暗い何かを学習させたのだと
思いたいです。

グッチさんへ
共感してもらって嬉しいです・・・
本当に、そのリンクに気がついていながら、
世の中を変えられないのはつらいですねる
今日も自殺予告があって・・・・つらいですね。

過去のこと、親はあれこれ思い出しますよね。
こうやってかく事で自分で気持ちの整理を
している気がします。

親ばか、多いに結構と思います。
私なんて強烈ですーーーー
息子さんは、本当にえらかったもの。私はそう思ったよ。
黙って、耐えて、そして今は乗り越えて。

お互い子供は辛い経験をしたけれど
人をいじめるような人間じゃなくて良かったね
それは同感です。



【2006/11/07 23:34】 URL | haru #mQop/nM.[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/68-66753ce1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。