スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子供の力
子供がひとつ成し遂げると
親はまた欲がでてくる。

新しいフリースクールは午前9時から。
私は朝ちゃんと起きて、学校のように通所してくれることを夢見ていた。

期待しないこと、待つこと、傷ついた心を休ませること・・・
それが今一番必要なことだとわかっているのに・・・
また、期待した。

そらは新しい環境に緊張していた。
「中学で失敗してるから・・同じことはしたくない」
というようなことを言った。

そらは自分で目標を決めた。
フリースクールの先生と決めた今後の目標
「3月までには、フリースクールにちゃんと通えて、
体力を取り戻すこと」
というゆったりペースの指導をもとに

集一回ずつ、いく日を増やす・・・ってことだった。
そんなふうに目標をつくってくれて
うれしかった。
私のうれしい顔をきっと、そらはたくさん見たいのだと思う。
きっとどこの子供もそうなんだと思う・・・

当たり前に学校に行くこと
勉強していい成績をとること
部活動に頑張ること

それができない不登校のそらは、親の期待に応えられなくて
自分を責めたのだと思う。

頑張るね、っていうそらを少し頼もしくおもったけれど
不安もあった・・・・

そしてそれは的中。
朝の頭痛、腹痛・・・そしてとてもとても眠いという症状

私は青くなって、絶望してしまった。
今自分でも落ち込みやすくなっていると思う。
何もかもいやになって・・・・気持ちが沈み込み・・涙ばかりでる。

あのときどうしてあんなに頑張らせたのだろう
そらは、どんなに辛かっただろう・・・
足を引きずるように一歩一歩あるくそら。
いかなくていいといっても聞かなかったけれど
ひきずってでも家につれもどせなかったこと
がんばって努力すればきっと事態は好転するのだと
私も信じ切っていたこと・・・・
そんなことがまず頭に浮かび離れなくなる。

そして、しまいには、どうして私はこんなに苦しいのかと
自分の気持ちだけがのこってしまう。
とても勝手なんだなぁ・・・・・・

私は会社に行く途中、電話して、
家に残って寝込んでいるそらを説得した。
もうつらい思いするんならいかなくていいと。

中学をがんばって、努力していって
それが今すごくストレスをつよくしちゃったことを
ママは反省しているし
もう二度と、そんな思いはさせたくないんだと言った。
心臓いたくって、お腹いたくって、頭いたくって・・・
つらかったと思うよ、ごめんねと言った。

そしたら、しばらくおとなしくうんうんきいていたそらが逆切れした。
そして泣きながら、
「じゃあどうしたらにいいの?今頑張らなかったらダメになっちゃうんじゃないの?」
といった。

私は言葉がなかった

しばらくして正気にもどって、フリースクールの先生に電話してみた。
フリースクールでの様子を聞いてみようと。

そしたら、いたって元気だという。

私は五月雨登校していた頃の症状が出ていることを話した。

タイタイは(私とそらのフリースクールの先生のあだ名)
「そらさんは明るくて、すごく元気に頑張っています。
緊張も少しずつほぐれてきてます」と。

タイタイは私の訴えを聞いて、
本人が今頑張ることは大切かもしれない。
結局自分の力でやっていくことが一番の目標ですから
というようなことを言った

そして、そらはその日、お昼すぎに通所した。
ハロウィンパーティでカボチャプリンと
かぼちゃのホットケーキをつくるから・・と。

子供の力を信じること
今の私の課題はこれかと思った。

スポンサーサイト
【2006/10/25 12:36】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<本日は晴天 | ホーム | >>
comments
----
haruさん、私も一緒だよ。
うまく表現できないんだけれど、
子どもが新しい何かに向かって目標を作ると
親はそこでほっとしてしまいますよね。
ああ、もう大丈夫かもしれない、
今度はうまくやっていけるかもしれないって。
本当は目標を作ったってことはまだスタートではなくて、
目標に向かって動き出してからがスタートかもしれないんですよね。

わかっていても、私もいつも心の中では
自分を安心させるものが欲しくて、
それを子どもに求めているんだと思います。
だいぶ楽になってきた今でも、
たとえば朝起きないとか高校に行く時間なのに用意してないとか、
そういう場面では一瞬、「またか」って感じる自分がいます。
以前と違うのは、その気持ちは一瞬で通り過ぎて
「ま、起きるのも起きないのも、登校するのもしないのも
 息子が決めることだしな」
って思えるようになったことです。

私もharuさんと同じように、毎日苦しくてもがいてました。
そういうときは、子どもが本当はちゃんとわかってて自分でも苦しんでいるんだってことが見えなくなったりしますよね。
でも、そらちゃんはちゃんと見えているしわかっていると思います。
そう、この状態は永遠に続くものじゃない、
3月までにちゃんとできくてもいいじゃない、
焦らなくてもきっと大丈夫。
子どものことを信じていきましょう、
私も一緒です。

そして、自分のことも。
haruさんはとてもとても素敵なお母さんです。
今はちょっと心が疲れているかもしれませんが、
そういうときはharuさんも頑張らないで
のんびりいきましょう、ね。
・・・・と、自分にも言い聞かせています。
生意気なことばかり、ごめんなさいね。
【2006/10/26 16:05】 URL | グッチ #VxzFlrN.[ 編集] |
----
グッチさんこんばんわ
今夜は少しゆっくりしています。

待つ事は難しい。
もう15年も子育てしているのに・・・・

本音言います。
どんなに励ましても、支えても
ゆっくりしか変われないんだ
それが悔しくて、情けなかったのです。

私はどんな変化を期待していたのかな
そして、それはそらのためじゃなくて
自分を安心させたいからなんだよね。

私のあくせくした気持ちとはうらはらに
そらは自分の足ですこしずつ
歩き始めてる・・・
もうしばらくがんばるのはやめようと思っています。
とっても・・つかれていたんだなぁと思う。

自分一人でがんばっている気になっていて
本当はいちばんそらが苦しくて、辛かったと思う。

3月までの約束は、かなわなくてもいいや
そう思うようにします。
思えるかな?
またきっと焦るだろうな。
そしたらまた、焦らないでいいよって言ってくださいね。

とりあえず、運動はもう少ししたい様子。
でもなかなか腰が上がらないんですよね・・・
そらの選んだ高校のコースは
演劇のほかにダンスがあるのです。

今清志郎聞いています。
のんびり、好きな時間です。
いつもありがとうねーーぐっちさん。
【2006/10/26 23:55】 URL | haru #mQop/nM.[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/60-d1f1dac0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。