スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
父と娘
のだめカンタービレが昨日から始まった。
友人がずいぶん前に、マンガののだめが好きだといったら
のだめの楽曲集をつくってくれた!

クラシック音痴の私だけれど、時々きいている。
そしても昨日からはじまった のだめに、その曲が流れていて 
今・・・・
ベートーベン ピアノソナタ第8番と
モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ
を聞いている。
うんうんなかなかよい。

クラシック音楽って・・・・なんか血がさらさらになる気がする!!
この感じわかるかなーーー
癒されるーーー

私は会社で日がな一日パソコンで仕事をしている。
腱鞘炎なりかけの右手をだましだまし
じりじりしたり、焦ったり、眠かったり飽き足り・・・しつつ。
マウスを操作している。
仕事は面白いと思う。
ちゃんと頑張ればお金が支払われる。
それゆえに厳しい世界でもあるわけだが。

夫は仕事の虫だ。
私たちの生活のために。
けれど本当にそれだけなんだろうか。

まぁ私の話も聞いてくれるし
まじめに働くし、節約もするし、家事も適当に手伝うし・・・・
むろん暴力もふるわないし、金を使い込んだりしないし。
酒は飲むがアル中ではない。

夫してはそこそこの点数なんだろうけれど。
育児は限りないボランティアだと思う。
一人では何もできないはかない存在だったころから
悩みや苦しみをぶつけて、泣いたりわめいたりするようになる
この思春期に至るまで、ずっと親はボラしている。

でもそらが私にくれたものははかりしれない。
コドバでは言えないもの・・・
お金では買えない幸せをたくさんもらった。

夫は幼いそらを可愛がった。
けれども今は難しいらしく、なかなか昔のようにはいかない。

仕事の方が楽なんじゃないか。時々私は実感する。
そりゃ、育児の方が楽だという人もいるだろう。
しかし、おそらく大抵の父親は仕事に重点をおいて生きている。

人相手はヘビー。だって予測不可能なことばかり起きるんだもの。
ましてや相手は宇宙人・理解不能な子供と言う怪物だ。
そしておそるべき思春期。誰もがとおった難解な道のり。

夫よ、いつになったら思春期のそらと向き合うの?
可愛かった、天使だった頃のそらを愛したように
今も愛情にはかわりないでしょう?

不器用な夫は、ちょっと遠いとこからそらを見ている。
至近距離でみるしかできない私とは
かなり感性が違う。
どちらがベストとは言えないけれど・・・・


スポンサーサイト
【2006/10/17 23:50】 暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<もっと知りたい | ホーム | 悲しい出来事>>
comments
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/19 22:57】 | #[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/53-7cbc8b63
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。