スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
悲しい出来事
毎日毎日、悲しいニュースばかり続く。
子供が、いじめを苦に自殺していく・・・。
いじめで子供が命を絶つ事は
つくづくつらい。

そらは、あの当時のことはいじめではなかったという。
ケンカが発端だったと。

でも、一対一ではなかった。
グループであんたをのけ者にして、あげく、クラスの女の子全員が
口をきかないように 口裏をあわせたりすることは
立派にいじめだよね・・といったら
「あぁ、そうだねぇ、そういわれればいじめだよね」

とのんきに言った。

もう心は治癒しはじめている。
人をウランではいけないね・・そらにはそうきれいごと言ったって
母の私は、相手に対して・・・正直、根に持っている。

そらは、いや子供というものは
もともと心がすごく純粋に生まれてくる。
歪んだり、人をいじめたり・・・その原因は一体どこにあるのか。

いじめをした子供
いじめられた子供
その境界線に、何があるのか。

そして今回のニュースは、教師がいじめの発端だったと。
どこにでも馬鹿がいて、愚か者はいると思うけど
あんな馬鹿教師を学年主任にまでしていたという現実を
どう思っているんだろうか。
廻りの人間も判断出来ず、結局人として人間性を読み取る感性までが鈍いのだ。
一生つぐなうというけれど、死んだ子供をよみがえらせてはくれない。
親はどんなに悲しくつらいだろうか。

そんな中学校に、子供を預け続けていること
今もどこかでいじめがあって、子供が家庭に逃げ込んできたら
学校にはいかなくていいと
どうか言ってあげてほしい。
そして、学校や先生と正面きって話し合って
何があっても子供ほ信じてあげてほしい・・・・

そらにあの当時何があったのか
私は全力投球できなかった
そのことを私はいまさら、後悔し続けている。

毎日、制服のこどもたちを道で見かける
そらの学年の色のジャージを見ると
胸がつまる。

人は理解できないことは、責めたり、怒りにかえたりしがち。
それを理解して乗り越えるほうが何倍も難しい。

そらは毎日笑顔で暮らしている。
傷跡はどんどん治癒しているようにも見える。

穏やかな暮らしが戻ったのに
私はどこかで苦しい。

子供が学校にいかない・・・そのことを心のそこから
納得していないのか。
いろんなこと後悔しているのだと思う。

今週、不登校親の会のつながりの
カウンセラーさんと話をすることにした。
最初は無料だそう。

スポンサーサイト
【2006/10/17 07:44】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<父と娘 | ホーム | 不登校親の会>>
comments
----
イジメのニュース、本当に心が痛くなるばかり。
なんで学校ってところは、イジメを隠すんだろう?
自分の学校でイジメがあるって認めてしまうと、
自分の評価が悪くなるから?
あんな情けない教師ばかりがいる学校なら
そう思われても仕方ないですよね。

我が子がイジメにあってたってことは、
そう簡単に忘れられませんよね。
それを笑って話せるそらちゃんはすごい。
そうやって、自分に言い聞かせているのかもしれないけれど、乗り越えようとする姿勢は本当にすごい。

息子がどんな辛かったか、私も未だに忘れられません。
けれどあれからもう3年くらいになるのかな・・・・
最近になってようやく、冷静に考えられるようになりました。
それまでは、イジメの現場を見ていないだけに想像が膨らむばかりで辛かったです。
しかも、相手の先輩の親は、ことごとくアホばかり。
煮えたぎるような怒りの矛先は、あの親子たちに向けられてました。

息子がどんな風にその悔しさを消化してきたのか
まだわからないけれど、
私もいつまでも怒るばかりでなく
そのパワーを別のところで使いたいとは思っています・・・。

haruさんのしている後悔・・・
きっと私もそうなんだろうと、ふと思いました。
【2006/10/17 09:06】 URL | グッチ #-[ 編集] |
----
グッチさんの息子さんも、つらい目にあったんだね。
息子さんは男の子だけに耐えたかもしれないですね。

それなのにみんなに不登校は怠け者と言われ、
ずるいといわれ 、にげるなと言われ・・・
親もなかなか理解出来なくて・・・

怒りを持ち続ける事は悲しいことですよね。
時々、私って根に持っているんだなぁ・・・と思うほど
腹がたつことがあるけど
怒るだけむだかもね!なんて思ったりね。
【2006/10/18 01:06】 URL | haru #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/51-379bbb96
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。