スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
映画をみた。
昨日文化祭のあとに映画をみた。
有楽町の映画館。

http://www.movies.co.jp/kinkyboots/

すごく面白かった。
上映されている映画館が限られているのが残念。
これって実話なんだって。

ドラッククイーンとか。ゲイとかそんな主人公に弱い私。
迷える人は、愛や優しさを知っていると思う。
少しはみ出た性に対する感性や、
人と違った生き筋というものをもっている彼女たちは
やはり迷える人なんだと思う。
そして、何より陽気な分だけ強さも感じる。

そらもまた見たい、といった。
すごく面白いねって。
音楽もとてもよかった。
ローラの歌う歌の歌詞もよい。ノリノリ。

あらすじは・・・

つぷれかけたイギリスの町工場の若社長は
先代の急死により、急遽後をひきつぐことになった。
そして、工場がつぶれかけていることを知る。
4代続いた伝統の靴工場の仕事は見事な物なのに
安くてはきつぶしの靴が街にはでまわっていた。

でもって、その工場の存続と未来をかけたのが
ドラッグクイーンたちの履くロングブーツというわけ。
ミラノの靴の展示会にそれを出品しようと。

おっきな体の彼女たちの履いていたのは、なんと女性用のブーツ・・・
きつくて痛くて、でもセクシーなカタチ。

靴の痛みや心の痛み(ズキズキ)を強いウォッカでごまかしながら
ステージをこなすグラッグクイーンのローラ役の役者(キゥェテル・イジョホー)は
イギリスのミュージカル「ロミオとジュリエット」のロミオ役を
初めてアフリカ系イギリス人がやったということで話題の人らしい。

パンフレット600円で買ったから詳しいのだ。ほほほ

とにかく体型が男らしくてマッチョなので
女物のにしたてた巨大ドレスをきているさまは
不思議な雰囲気でもある。
これぞドラッククイーンの醍醐味か。

でもハマっている。さすが役者。
でも何かとっても自信にみちた感じなんで、
女の私から見てもすごくセクシーなんであります。この人。

気弱な青年ながらもそのがんばりにジンとさせる
社長の息子役の役者もよかった。

従業員たちの演技や存在も大きくて
田舎の町工場の人々の生活と
夜の華やかな舞台に生きるローラとの軋轢や
ゆくゆくの互いの生き方を理解・・・という展開もいいし
社長と従業員とのトラブルやへだたりも信頼で乗り越える。
感動するんだよね。

生きていくカタチが違っても人は理解し合える。
そして、セクシーの妙義をみた(気がする。)
というのが感想であります。
スポンサーサイト
【2006/09/17 09:21】 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<こもる・・・ | ホーム | 文化祭見学>>
comments
--失礼つかまつった--
そういう日だったのね~~。
今度近くに行くときはもうちょっと予定を立ててから行くからね。
お嬢様と二人で遊びましょ。
【2006/09/20 20:19】 URL | staten #nD4vuAl2[ 編集] |
----
あ、初書き込みありがとうーーー

うんうん、そうしよう。
スタンとテノンにはいつも癒されているよ

あの細い長い顔
でかいおめめ

何より、気持ちよく走り回っている様子が
すご気持ちいい。
【2006/09/21 07:50】 URL | haru #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/41-5eb74155
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。