スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
冬の桜の木の下
そらの事で今日は心がちくちく
やはり母親は、子供の笑顔が一番の元気のもとなんだなぁと実感。

そらは、本日、校門入って、かたまって一歩も動けなくなり・・・
苦しそうに私に、「もう会社に行って」と言った。



じゃあいくねと、校門を出て
そっと私は物陰から見た。

桜の木の下にうなだれたピンクのマフラー

担任の先生に電話して校門に居ます、迎えに来てくださいといった
担任が飛んできて、ぐいぐいつれていってくれた。

母は一日心が痛かった・・・
このこのためには
一体どうしたらいいのか・・って。
いかせるべきなのか
やすませるべきなのか

今週は昨日と今日と、二日も続けていって
もうそれでよしとすることにした。
でないと期待して、そらに重荷を背負わせる。

あきらめること
信じる事
いたわる事

新聞の広告で
「抱きしめてあげて  育て直しの子育て」
という本を発見。
早々にネットで検索

スポンサーサイト
【2006/01/31 22:08】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<雨の一日 | ホーム | 熱血先生来る>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/4-7785ddf3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。