スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
家庭訪問。
毎日、日記を更新するのって難しい。
本当は、先週土曜日は、某公立高校の説明会にいき
昨日は担任の家庭訪問があった。
ちょっとかきそびれている。

家庭訪問にきてくれた担任は
そらの派手などピンクの腰パンにびっくりしていた。
すごいいろだなぁ・・・と絶句。
腰ではく、という ずりさげ状態のパンツ。
おまけにショッキングピンク。
一応古着屋でみつけたデットストック。
私は古着屋自体に抵抗ありで
リサイクルしヨップとどう違うのか・・・とまじで思っている.
人が着古した物にそんな高値つけていいものなんかい・・と。
まさにおばさん発想。

なんだかなぁーーなんだが、
若い子供たちは気にならないらしい。

そして担任は言った。
「この子は不登校なんかじゃありません。
甘えているだけです。
こんな明るい不登校の子供はみたことがない。」
私はちょっと絶句してしまう。
確かに、すごく嬉しい。
不登校という言葉に縛られている私としては。
でもちがうんだよね・・・
学校に行けない事が問題なんじゃない。
ずっとずっと、人との関わりに悩み続ける
そらの心の回復のあり方が問題なんだ。
こういうとき怒ったりわめいたりして説明したいとこだが
案外そんなことはできず、ぼんやりしてしまう。
わかってないなぁ・・・って。






不登校は本当にいろんなカタチがあると思う。

そらは先生にこんな意味のことを言った。
明るくしてなくちゃやってらんないっす
不登校して、暗かったらもう、どうしようもない
ってものだった。

そして、そらが落ち込んで、
自分を痛めつけたい衝動にかられて、
それもこわくてできないよ、
いっそ私を殺して欲しいと泣く夜の事を
私とそら以外は知らない。

でももうそんな夜がなんどきても
私はくじけない。
こんな苦しみを知っているのは
私だけじゃないことを知ったから。

他の人のブログを読んで涙することがある。
私だけじゃない。
そらだけじゃない。
そしてみんなすごく前向きに生きていこうとしている。

それが、今は励み。

担任は、そらの汚い部屋をみて
いろんな話をしてかえっていった。
先生と話すことは、そらにとってすごく気持ちが軽くなる事を伝えた。

先生はクラスがいやだったら夏休み中に学校にこいといった。
塾のない日に先生が勉強をみてやる、という。

実際、先生も忙しい
そらのいそがしいのだけれど
ぜひともそうしてほしいと思う。
少しでも学校を忘れないようにという
そんな担任の気持ちを感じた。
スポンサーサイト
【2006/07/30 06:50】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<学校説明会 | ホーム | 疲労回復には・・・>>
comments
--話すこと--
いい先生ですね。
担任の先生の熱意が、そらちゃんに通じて、そらちゃんも、たくさん、話せるといいですね。

娘も、家庭訪問に来てくれる先生とは、いっぱい、話をしています。「人と話す」ということは、何よりも今、大事なのではないかと思います。
いっぱい、話をしながら、未来が明るく思えるようになったら、きっと、つらい夜はなくなると思うから。
【2006/07/31 22:52】 URL | ハナミズキ #-[ 編集] |
----
こんばんわ
ハナミズキさん

うんうん
たくさん話してほしい。
元気をもらったり笑ったりしてほしい。

人と関われば関わる程に
面倒なことややっかいなことも増えるけど
それ以上に、豊かさは増えて行くんだもの。

人とのかかわりで傷付き、つまずいたからこそ、人とのかかわりで
その傷をのりこえてほしい。
【2006/07/31 23:34】 URL | haru #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/34-68643278
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。