スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日曜日の午後
ずっと斉藤和義と清志郎ばかりききつづける毎日
残業と家事と 手のかかるそらの面倒と
働き過ぎの夫に食事だけはと思いつつ
手抜きしつつの夕食と弁当
ひたすら愛らしい猫とは永遠に遊んでたい

そらは昨日 私の態度や言葉に切れ
また騒ぎをおこした

夫は 私のせいではなく
怒るようなことではなかったと言う。
そらは 私への依存が強すぎる
だからこうなるのだと言う

夫は頭がいいせいか あらゆる書物からの知識で
そらの様子を分析する
こういうのは人の反感を買うかもしれないが
私みたいに 勘や感情で生きてる人間には
考えるきっかけにはなる

そらのもつ不器用さを 夫は不安に思ってる
多分私よりずっと強く

私はそらの持ってる愛される心根の綺麗さを
信じている

今の彼氏と 出来れば共に成長して
幸せになってほしい

今日はそらは彼氏とデート
1日遊んで夜帰ってくる
毎日毎日電話で話して
楽しそう

しかし多分二人とも勉強は全然してない

私は今日はそらのおすすめの恋愛小説を読んで
気がむくとそらのマフラー(冬が終わりそう)をあんでる
編み物にはクラッシックが良い

久々にあっこちゃん(矢野顕子)を聞いて
なんだか妙にじんときた
音楽っていいな
清志郎との「ひとつだけ」など聞いてたら
涙がでました
泣いたら心の疲れが消えていく
そういうの わかるかなぁ
スポンサーサイト
【2009/02/01 15:13】 ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<舞台に | ホーム | 生きる方法>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/296-dd05a12f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。