スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
期末テスト
今日から期末テスト。
数日前から腹痛を訴えるそらにとって
試練の日がゃってきた。

やはり、休んだことで 学校は遠くなり
一年の時の相談室登校や
教室に入るまでの葛藤を思い出すらしい。

無理しなくていいよ、試験はあきらめて
休んでいいと話したが
そらの気持ちは変わらなかった。

学校いかない子供は弱く、怠けていると世間はいうだろうか。
でも、ストレス症状と闘いながら
苦しみつつ登校する努力をつづけるそらを
私はすごくがんばっていると思うことがある。

こういう気持ちになれるまでが長くて、自分の子供でありながら
理解しがたく、責めたり、弱いことを嘆いたりして
そらともいろんな葛藤があったけれど
ありのままにそらを考えられるようになってからは
そらの芯の強さや、繊細すぎる心を少しずつ理解するようになった。

そして、今回の試験受けなかったら
一学期のそらの成績がつかないと言って
どうにかして行きたいという意志があった。
塾や、フリースクールでもなんとか勉強してきた。

しかし、ストレス症状はあれこれそらを襲う。

私はこれが ずっと続くわけじゃない
だから 今だけ頑張ろう
そう話しつつ教室まで届けた

朝、緊張で着替えも出来ないそらに
「教室まで一緒に行こうか」
そう言ったら
「ほんと?」と目を輝かせた
そうか そんなに教室に入りにくいか
びっくりしたが その後は 普通にすんなり着替えた。


学校についたら そらの足は重かった。
心臓を抑えて、たちどまった。

途中、学年主任の先生に廊下で会った
プリントをもって忙しそうな先生は
大丈夫か ひとりで行けるか?と 声をかけてくれた。
私は「先生給食の方、よろしくお願いします」とお願いした。

夏休み明けまでとりあえず休ませると担任に話したから
給食は止めてあった。

こんなにがんばって学校に行ったものの
食べる給食がない・・・なんて不登校気味の子供には
恐ろしいことだ。

朝担任にも電話してあるから大丈夫だと思う。
こういうことはやはり学校と密に連絡を取り合わないといけない。

昇降口で涙ぐんだそらは
それでも ミニーマウスのお気に入りハンカチを握りしめ
私にここでいいと言い残し、教室に向かった。

泣かずに頑張れよ!
泣き虫そらの背中を昇降口から見送りました

今日は初めて携帯から更新です。
(しかし、やはり文章がへんなので、あとから訂正しました。)
スポンサーサイト
【2006/07/06 09:41】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<小児科 | ホーム | 母として。>>
comments
----
そらちゃんの頑張っている姿、こちらまで心が痛くなるような思いで読みました。
本当に本当によく頑張って、テストを受けに行けましたね。
帰ってきたら、ゆっくり休ませてあげたいですね。
haruさんも、お疲れ様でした。とは言っても、帰ってくるまで心配ですね。
【2006/07/06 09:41】 URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集] |
--帰ってきました。--
お疲れさまでした、と言っていただいて
なんだか胸が一杯。
頑張りましたねとか
おつかれさまって
お母さん業していて、言われることは少ないですよね。
ふみごんさん、ありがとう。
癒されます。
かえってきたそらは
かなり消耗していました。
学校は楽しくて、また行きたくなる場所のはずなのに
全然楽しくないよ
苦しいよ・・と涙。
どうしてこうなっちゃったんだろう。
結局最後の教科は、保健室に逃げ込んで受けました。
学校の先生たちにも
深くお礼を言いたいです。
それでなくても思春期軍団とむきあっているのに。
感謝です・・・・
【2006/07/06 09:41】 URL | haru #mQop/nM.[ 編集] |
----
「学校は楽しくて、行きたくなる場所」というのは理想ですが、現実には程遠い子達が大勢いるようです。
そういう子たちも、元気を取り戻してほしいですよね。
【2006/07/06 09:41】 URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集] |
--えらかったね。--
そらちゃん、頑張ったね。
昨年の今頃の息子を思い出しました。
ちょうど1年前の今頃、息子も高校の期末テストでした。
彼は5日間ある試験日のうち、登校してテストを受けれたのは初日の3科目だけでした。
いつも迎えに来てくれる友達がいて・・・。
その日もしんどそうな息子。でも試験は受けなくては・・・と思ってはいるみたいで。
義父に車で学校まで送ってもらったのです。
それでも、途中で帰ってくることなく、ちゃんとその日の試験は受けて帰ってきました。
でも、次の日からはやはり行けずお休み。
そのまま、夏休みに突入でした。
なんだかそんな息子の姿と、そらちゃんの姿が重なり、頑張ったね・・・と、きゅっと抱きしめてあげたい気持ちです。
【2006/07/06 09:41】 URL | らん #DEn/WaYs[ 編集] |
--ありがとう--
ふみごんさんへ
私も時々思います。
日本全国、不登校の子供がたくさんあふれています。
どうしてなんだろう・・・
豊かになった日本の行く先は。
そして、やはり自分の子育てを振り返ります。
最初はどうして?なんで?って苦しくて悲しいだけだったけれど
今は、おぼろげに先が見えて
理由や原因探しより、前に進むしかないと
思えるようになった。
沢山の迷い、苦しむ子供たちがいつか幸せになれるといい。
らんさん
息子さんの様子、そんなんだったんですね。
今にいたるまで、本当にたくさんの出来事があったんでしょうね。
どうしてみんな同じような経過を
たどるんでしょう。
不登校にいたる子供は、どこか真面目で純粋なんでは・・・と
やはり思うのです。
そらは頑張ったです。
結局二日目は、別室でうけました。
もう、こんなに苦しくて心臓が痛いときは、
受けるのやめようね・・と話した。
結局親の私が手をひいて
やめようっていってあげないといけないんかなぁ・・・・
そらは、少しでも可能性あるなら
親の気持ちに答えたい
廻りの人たちに答えたい・・って思うみたいです。
【2006/07/06 09:41】 URL | haru #mQop/nM.[ 編集] |
--うん、よくがんばったね--
そらちゃん、頑張ったね。
普通の生徒にはわからないんだろうけどね。
学校に行って試験を受けるってことがどんなに大変か。
haruさんの文章から、そらちゃんの精一杯が伝わってきました。
らんさんとこと同じく、うちの息子も去年の今頃は期末テストは初日しか行けなくて全部の教科は受けませんでした。
受験生なのに・・・って私も思ったけど、
それ以上に本人は苦しんでいたようでした。
そんな思いまでして中学校に行かせる意味はいったいなんなんでしょうね?
親は、子どもが頑張れる場所を見つけて自分を好きになれるように育って欲しいだけなのにね。
haruさんもそらちゃんのために一生懸命で、そういう姿はきっとそらちゃんの心に焼きついていると思います。
素敵なお母さんだと思いますヨ♪
でも無理しないでね。
【2006/07/06 09:41】 URL | グッチ #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/27-1fb7f5fe
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。