スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
流れを止めて
この前は ちょっと意外な(みよしえいじ)事例をあげ
自分らしく生きる事を考えた私だが
ここにきて そらは自分の毎日の生活を
仕切り直そうとしている

4月の進級の時と
5月のゴールデンウィーク明けのみに
コース変更は可能なのだが
(ゴールデンウィーク明けは特例)
そらは今のパフォーマンスコースを辞めたいと言い出した

来年4月には このコースをやめるつもりだったが
もう精神的にも肉体的にも無理だというのだ

コースの途中変更は基本的に自由がきかず
毎日登校する今のコースとは違い
土日のみ登校の通信制か
週数回通う単位制のコース

来春は総合コースに変えるにしても
今コースをやめてしまうと
これからの半年以上は
学校に毎日通う生活ではなくなるわけだ。

まずは先生に今の気持ちと事情を話してみたら と説得

その日のうちに先生に面談を申し込み
あらかたの気持ちを メールのやりとりで伝えた

深夜に何度もメールのやりとりをしたらしい
そらが 少しだけ見せてくれたメールには

辛かったね
という言葉と
よく頑張ったね
いますぐにでも 抱きしめてあげたい
という 先生の言葉があった

そらは中学の時 いじめにあって
気持ちが噛み合わなくて
いじめてくる子供の肩ばかりもった女教師が
嫌いだった

以来 女教師が苦手だったが
コース担当の女先生は
過去俳優だったせいか
全く教師らしくなかった
そんな先生でも そらには
憧れと脅威と両方だったけど

ようやく そらは自分でドアを開けようとしてた

そらの精神的な力はまだ健康とはいえない
体力も 血液検査の数値は
少しずつ 良くなっているものの
まだまだ時間がかかりそうだ

ここらで ペースダウンが必要なんではないか

まぁ 4月に決断できたら良かったのかもだが
4月には4月の 抜き差しならぬ決意がそらにはあった

しかし面談での結果は コース変更には
ならなかった

まぁそれはまた のちに。
スポンサーサイト
【2008/08/05 22:37】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<カラオケ | ホーム | 告白>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/265-6120c1ca
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。