スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さよなら先生
そらの担任は、そらと同じ持病があった。
そらは、初期に治療のかいあって、薬でホルモンはある程度コントロールされているらしかった。

しかし、担任の先生の症状は悪化する一方のように見えて
どうも治療をせずにほっておいたのが悪化の原因らしかった。

そして、この春、退職・・・・

そらの高校は、ユニークな担任制度で
希望をだすと、その希望の先生のクラスに入ることができる。
全国でも類をみない珍しい制度。

そらは、三年間今の担任でいく、絶対そうしたいと
硬く誓っていたのに・・・・

そら達は昨日の終了式でそれをしった。
そらだけでなくて、そのクラス生徒全員・・・
私達父母もみんな・・・ショック。

そらはこの前の三者面談でおおよその予測はしていたらしい。
担任はこの事態を予測するかのように
クラスの子たちに「いろんな先生に担任をもってもらって視野を広げろ」
とはなしていたらしい。

面談のあと別れ際、そらは先生に
「私は、すぐに人を信用できないから。でも先生のことは信頼している。
新しい先生になんてすぐに心を見せられないよ
また来年も担任してほしい」と話したらしい。

その日は午後から心療内科の診察だった。
池袋で待ち合わせしたらぽろぽろ涙を流しながら現れたそら・・・・
予測していた事態に私も言葉もなく、そらの背中をなでた。


この一年間、いろんな生徒が彼を頼ったと思う。
毎日のように相談の電話をいれた生徒もいたという・・・

不登校からの出発、友人との関係の修復、舞台への不安
そらはずいぶん先生に相談したと思う・・・・

高校生になっても涙もろさが直らず、親も心配になるくらい頼りなかったのに
舞台をのりこえるたびに、みるみる成長した娘

その影に担任の支えがあった。

先生、本当にありがとう。
教師をこんな形で辞めることになって、本当に悔しいと思うけど
絶対、また教師にもどってきてほしい。

春は別れの季節だね・・・・
スポンサーサイト
【2008/03/20 14:42】 甲状腺機能亢進症 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<新しい薬 | ホーム | カウンセリング拒否>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/229-d7ce1350
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。