スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
舞台が終わって・・・
微笑みながら死んでしまう人がいるそうです。
ほほえみ鬱病という病。
突然の自殺に周囲は驚くそう。

そらのリストカットは深い傷ではない、あきらかに心のガス抜きのためです。
わきあがるうつと戦っているのだと思っています。

そらがどんな心の問題があるのか
舞台がおわった今、診断のためのカウンセリングはこれからです。
舞台を最後まで頑張ることがそらの願いでした。

そらは、ここ数週間リストカットを必死に耐えました。
先輩への感謝のため。
ちゃんと送り出したいって。
私は、そんな事を思う娘を誇りに思ったよ。
そらはたしかに弱いのかもしれない。でも、その反面、強い。
私はあの子の心の力を信じています・・・。

担任の先生は、薬ではなく行動両方で対応したいと言ってくれた。

フリースクールの先生は、そらの舞台をとても喜び
去年は僕に叱られて泣いていたのに、この一年とうとうやり抜きましたねと
熱くいってくれた。
そらの状況をはなしたらショックを受けていて
フリースクールからそらをたよりに入ってくる後輩がいることを
少し心配していた。
そらの負担にならないといいが・・と。

私は先生達にあうと、ひとりじゃないんだと思う。
私たちはいろんな道を選べるんだと。
肝心のそらは、彼女にとっては大変な大役を終え、満足している様子。
たった一つの台詞だったが、パンフレットにはメインキャストとしてのった。

ダブルキャストで昼の部と夜の部の出演がちがったのだけど
夜の部のパンレットにはのらなかったチョイ役の
悲鳴をあげて殺される母親の役、悲鳴がリアルで、かっこよかったよ!

そらに言わせると、踊れないし、たまたま希望をくんでくれただけ
あんまり大変だったからもう次回は裏方で頑張ると。

それでいいんじゃない?と夫と話した。

今回のそらのことで、私は気がついたことがある。
夫の優しさ。
そらに感謝している。
優し過ぎるくらいの夫に、強くなりすぎる私は
自分がいやになり、夫も嫌いになった。

でも、こうして、弱り切っている今
夫は、頼りになった。

深夜に埼玉までくたくたになってかえってくる娘を
二人で車で途中まで迎えにいった。
私は体力がなくて、運転は無理。
こういうとき、やはり夫はたよりになる。

そらは、夫の繊細さをもらっているので
夫はそらの行動のひとつひとつ、理由が思い当たるのだという。
私はまったくわからないのだが
いまのそらのマスクの理由もとてもわかるらしい。
最初は鼻の傷が理由なんだけど、
これからもマスクを外したくないというそら。
夫も業務のストレスでマスクをはずせなかった時期があったと告白。
なるほどなぁ・・・

私は、そらが産まれた頃の穏やかな幸せをもう一度家族に取り戻したいと思った。
でも子供はもう大きいけれどね。
夫を見直せたこと。そらに感謝している。

今回の公演は、本当にいいものだった。
大作で、生徒達がどんなに苦労したか、
保護者達は体感していると思う。
だから、みんな夢中で観ていた。

沢山きてくれた友人達も、本気でみてくれた。
感謝している。
すごくおもしろい感想をミクシィにかいてくれた友人がいるのだけれど
残念ながら非公開だからかけたことかも。

そらのこの一年は苦しみもあったけれど
不登校で挫折した傷を、それこそ行動療法でのりこえたのだと思う。
不安な四月・・・初舞台の不安・・・舞台のたびに落ち込んだりなやんだり
でも必ず努力がみのる舞台の感動。
豊かな感動があるからこそ、逃げずに来たのだと思う。

ただ、心の立て直しがうまくいかなかった。
奥底に深い深い傷がうずくんだと思う。

子供は、自分の命より大切だと、どこの親もそう思っている。
クラークにくる子供は、様々な状況をかかえている。
旅立ちが遅れた子供、順調な子供、傷がある子供
挫折をしらずに野望や希望で生き生き頑張る子供
たくさんの生徒たちを支える先生・、大変だけどがんばってくれてる。

舞台がおわった今、新しい心の治療に向かいたい。
パフォーマンスコースを辞める決断も、あってもいいと思う。
でもやめない気はする。

春はすぐそこです。
私もここ数週間、気持ちの立て直しに時間がかかったけれど
いまは、明日を信じます。
スポンサーサイト
【2008/02/18 19:44】 舞台 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<その後 | ホーム | 三年生との最後の舞台>>
comments
----
haruさん、コメント有難うございました^^

そらちゃん、舞台もやりきり、合宿も乗り切り、こういうひとつひとつが経験となり、積み重なって、そらちゃんの自信に繋がっていくことと思います。

なかなか成長って目には見えないものだけれど、確実に成長しているんじゃないかな!と私は思うよ^^

だんなさんの優しさがわかってよかったね~。
子はかすがいって言うけれど、本当だね。

私の方のコメントに
「母の愛は深くて、大きい。
私もふみごんさんも母で、そして子供たちもまた
親になって行く・・・
愛をリンクして、そして生きていってほしい。
そのこと事態が感動で、私には願いです。 」

って書かれていたけれど、haruさんの書かれる記事、言葉には「母の愛」をいっぱい感じるよ!
その母の愛がそらちゃんに、そして、そらちゃんの愛がまた次の子へと繋がっていくといいよね~!
素敵なコメントをありがとう^^
私もまた、来ますe-463
【2008/02/19 00:57】 URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集] |
--ありがとう--
なかなか時間がとれず、訪問してくださったのに
すぐに返信できなくてごめんなさい。

そうそう、旦那の優しさが思い出せてよかったかな。
いまさら・・・ってかんじだけれど。

ふみごんさんのとこは、中身が濃くて
いつもいつも訪問出来ないからよみのがしていること沢山あるんだけど
すごくタイムリーに私にこの話が、ぴたりとくるってことが多々あり
そういうときは感動しちゃうんだよね・・・・
これからもどうぞよろしくーー
【2008/02/23 20:16】 URL | haru #mQop/nM.[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/223-03aeceab
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。