スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
フリースクールへ
写真は、よくサックス練習にいく公園の木。
先日は曇り空だった。

そらは先週金曜日に初めてフリースクールに行った。
そして本日からフリースクールにいくという。

家に一人でいると落ち込んで精神状態が悪くなるし
私も仕事をやめる決心はつかない。
迷ってはいるけれど。

そらは、昨日色画用紙に目標を書いた。
あんまりよく見ていないけど
不登校でも偏差値をあげて頑張るというような目標。


060625_1214~0001.jpg


今日いくフリースクールは基盤が塾なので
個別指導を入れてくれる。

今までの塾も友達がいるから
そちらも続けたいという。

だから今日など、午後からフリースクールにいき
夕方から塾。
昼は弁当を作るが、夕食が心配。
適当に買って食べると言う。
毎日ではないし・・・いいかな。

すごく明るくなったそらだけれど
時折心臓やお腹の痛みを訴える。
苦しいくらい心配していることは、学校の事。

小さな声で担任にはフリースクールの話をいつするのか・・と聞いて来た。
そらは担任が好きで、クラスの仲間もほどほどに好き。
人とやっていけないタイプではないから。

ただ担任はそらの不登校を甘えと見ているし
友人もそらがどうして学校にこれないかわからない。

保健室の先生はちょっと顔をだして休むと
クラスに戻れというし・・・・

私も学校ではっぱをかけられても
家庭でいやされていれば頑張れるかなと思っていたが
それはとうてい無理だったということがわかった。

結局、板挟みさせてしまった。
私自身が学校行かなくていい、今は休息しようと
きっぱりきめられなかったから。

でも今はもう、休んで気持ちが落ち着いたら学校にいこうねと
割り切った。
フリースクールの先生もいきたくなったらいけばいいよと。

フリースクールの望月先生は
先日の京都の、少年が父親を殺そうと思ったができず
母親と兄弟を殺してしまった事件で
「結局、お父さんもお母さんも子供ためと思ってしたことだろうけれど
子供のきもちを誰もわかってなかった
それが気の毒なんですよ。」といった。

60はすぎているらしい望月先生はそらに
「僕は先生の見方ではない。お母さんの見方でもない。あなたの見方ですから」
そういってくれた。

これからどうなるかわからないが
そらが死を望んだり、絶望したりしている様子をみるのは
もう金輪際嫌だと思う。
学校にはいかなくていいという決断を
どれだけの親子が苦しい中でしたんだろう

さて、お弁当を作るとしよう。
そして、今朝はそらが自分で朝早く学校にいって
教科書と試験範囲の紙をとってくるという。

悪い事しているわけじゃないのに
うしろめたい気持ちがあるのだろう。
堂々と不登校なんて、そんなことはまだ無理なんである。










スポンサーサイト
【2006/06/26 06:07】 フリースクール | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<歩き出した。 | ホーム | サックスの話>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/21-6b7cae36
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。