スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いじめの傷
いじめの傷というのは
どれだけ人を傷つけるんだう。

そらは今日午前中休んだ。
私は、そんなそらを見ても
不登校の頃みたいに不安に駆られることはなかった。
むしろ、休ませたかった。
私が家をでるときには
コーンフレークを口にいれていたそらだけれど
あまり食欲はないらしい。

会社について、11時すぎに電話をすると
そらが出た。

私は最近感じている事を話した。
たまにそらが愚痴をこぼしてたこと。
いじめられた経験がない奴は
ひどいこと、いう。
冗談でも、それはないだろうと思う・・・と。
今、舞台のためのがんばりの日々。
役のついた生徒は
のぼり調子で
毎日毎日の稽古にも、エネルギー満載だ。

けれども、まともな役の付かない生徒達は
半数以上いるわけで。

そういう生徒の中には
正直、気持ちの弱い人間もいて
ストレスを人にぶつけるわけだ。
陰口・いやみ・悪口
たぶんそんなとこだろう。

そら自身がそんな目にあっているのではない。
回りの友人達の心が荒れてしまうこと
そらには耐えられない。

そらが格別優しいということではなく
つまりフラッシュバックなわけ。

「最近疲れているから
ナーバスになって
中学のこと、おもいだしちゃうんじゃないの」
と、聞いたら
泣いて、そう・・と。

「生きているとこれから先もそういうことはあって
強くなれと簡単にはいわないけれど
心の傷というものは
そらの中に隠したりしていると
よくないね・・
少しずつ人に聞いて貰って
傷を治して前に進まないとね」

というと、そらはやっぱり泣きながら

陰口をいったり
悪口をいったりする友人がいて消耗すること
誰かがやられてると
あの嫌な日々を思い出しちゃうこと

わかってるけど、
これからも世の中に出たら、いんな人がいて
こういうことあるのわかっているけど

どうしても思い出してつらいという。

何より、この高校ではそんなことはないと思っていたのに・・と。

午後からの舞台の練習には
でないとわからなくなるから・・と
そらはでかけていった。
 
いじめの傷をひきずって
犯罪を犯してしまう人すらいて
大人になっても深いとこで
傷を隠して生きていく人もいるんだう。

人は心のいろんなひだに
たくさんの気持ちを隠していきているんだなぁと
思った。

これから成長するにあたって
誰かに話して理解してもらったり
同じ悩みをもつ人とであったり
そんなことで解決していくのではないかと思う。

その日の夜、少し元気になったそらに話を聞くと
友人のMAYAに話をきいてもらったという。
中学時代の体験のことも。

勇気でたなぁと思う。
ほっとした。
誰にも気持ちを言えなかったのに。
まだ疑心暗鬼のままでいるのかと思っていたけど・・・
よかった。
もう大丈夫と思った。
スポンサーサイト
【2007/10/10 13:13】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<母・影武者作の野菜 | ホーム | 明日は>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/198-66946632
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。