スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
行って来た。
ひとりで中学校に行く。
そんな当たり前の事が出来なかった。

卒業式も、終わって生徒がいなくなってから
たったひとりの卒業式を校長室で行ってもらった。
私は今でもあの時の事を思い出すと
胸が熱くなる。
いい先生は確かにいたのに
うまくいかなかった。

不登校児に不慣れで、
そらみたいなタイプはまたはじめてだったんだろう。

そらが居た頃の先生が結構残っていて
そらは、話をしてきた。

帰って来て、どうだったと聞くと
「なんか、普通。
A先生んちには直接行って来た。」
と答えた。

A先生は、喜んでくれた。今の学校の話とかしてくれた。
とのこと。

「私って、ホント温室みたいなとこしか駄目なんだなぁ」といった。
「?」どういう意味かと聞くと

「今の高校と違って、中学は先生と距離がある。」
「何ていうか・・今の高校は先生との距離が近いんだよね。
やっぱり最初から私は、公立はむりだったんだねぇ」

今の高校は決して温室じゃないと思うけど
そらの言いたい事はよくわかった。

でも公立がそうで私立がこう、とは言い切れない。
きっと公立中学にも、先生と生徒の距離が近いとこはある。

かといって、そらはごく普通、むしろ荒れてない中学に通っていたと思う。

ボキャブラリーの少ないそらが、いった温室
それは心が近い温かい先生の居る場所・・・なんだと思う。

今、殺伐とした時代だからこそ
子供のまわりに、子供の幸せを願う大人がいてほしい。
そらの出身中学にもそんな先生はたくさんいたのに
どうして距離があるのかな。

距離が生まれるのは当たり前
教師と生徒
大人と子供
教師や大人は経験をもっているのだから
見本になるべきで
尊敬されていいはずのもの

大人はそう思って子供を指導(支配)するけれど
子供は見抜いているのかもしれない
大人の傲慢さや、身勝手さを・・・・




スポンサーサイト
【2007/09/30 22:59】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<遅刻 | ホーム | 宣伝に。>>
comments
----
そう、子供って純粋なきれいな心で大人をみてる、実は子供はなんでもわかってるんだなと私も思います。

考えることも実は、親が思う以上に、深く考えたりしているのかなって思っています。
【2007/10/05 00:09】 URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集] |
----
ふみごんさんお久しぶりです。
そうですよね。
伝える言葉をもたないだけで、いろいろ考えているんでしょう。
生活の悩みとか、仕事とか
そういうのがないだけに
よりピュアにみていたとう記憶があるんだな・・・
自分自身にも。
【2007/10/08 12:25】 URL | haru #mQop/nM.[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/193-4eaaaada
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。