スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
障害があっても
日曜日のあさ、サンデージャポンというテレビをみていたら、
テリー伊東が斜視を治す手術をしたと。
おぉ、いい男になっている。

そのあとの放映で、障害者野球のチーム「神戸コスモス」の
「片腕のイチロー」と言われる岡原選手を紹介していた。
なんだか感動した。

片腕でも、野球を続けるお父さんを憧れの視線でみつめる小さな息子たち。
仕事の事故で、片腕をなくしたとき、絶望したという岡原さん。
でも今は見事に片腕で障害者野球を続けている。

私はスポーツ音痴で、夫も大して運動にはまったタイプでもない。
私も夫も野球は対して興味なく、サッカーならなんとか見る・・・程度。

そんな親の元に育ったそらは、スポーツより音楽好き。
幼い頃はボールや遊具より、折り紙や色鉛筆が大好きな子供。
口癖は「紙ちょうだい」であった。

そらは、今運動に四苦八苦している。
体を動かすことはずっとさけてきたし。
頑張ろうと思っているものの、体はきつく、精神的な持続力もないだろう。

でも、努力したらなんとかなるんだなぁ
そう思った。

起立性という病気はいつか治るものだし、五体満足である。
時間がかかっても、夢を捨てずに生きて行く事は幸せであると思う。

そういうことをひっくるめて
そらが答えを探してくれるといい。


スポンサーサイト
【2007/05/27 09:58】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<子供は悪いのか。 | ホーム | クリームパスタ>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/154-9d67a3e7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。