スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
手作りの卒業式
フリースクールは、学校復帰の架け橋の場所。
そしてその存在があることでどんなに子供たちが救われたか。

この式でそれを実感した。
延々4時間の式は、途中軽食をたべる時間がはいったりもした。

印象的だったのは・・もちろんそらのバンドなんだけど
何より卒業生による子供たちひとりひとりの挨拶が
胸に響いた。

先生に沢山悩みをきいてもらった事
それを乗り越えられるように、がんばった事
ずっとひとり家に居たけれど、
ここは本当に楽しかった、家にいるよりずっといい・・と
大人しそうな女の子が静かにかみしめるように言った事
(これには保護者たちじわじわと涙・・・)
卒業生13人、それぞれの卒業の言葉は式に出席した人たちの心を打ったと思う。
なにより、いつもは陽気で元気なT先生が、そっと泣いていた。下を向いて・・・

そらは、最初ここにきたときに、どうしたらいいかわからなかったけど
今は、こんなに素の自分をみせられる友達がたくさんできたと話した。
いろんなことがあって、友達などいらないと思っていたけれど
ここにきたら消えてしまったと。
泣いてて聞こえないとこもあったけど、親としてしみじみ聞いた。

休んだり、時折、学校に登校したり
通学スタイルは様々なんだけど
子供たちはここにきて
心に沢山栄養を貯めたんだなと思った。

そらも、正直、全員と仲良くできるわけではなくて
とても苦手な男の子もいた。
その子にとっては、そらが陽気にふるまうことも、彼のカンに触ったらしい。
ずいぶんとからまれて、困惑したらしい。

その男の子は、他の子に大してもいろいろ問題あったんだけど。
まぁ、好きな子にからんじゃう、そういう心理じゃないの?
なんてのんきに言ったら、そらはゆるい私の意見を否定した。

でも、そんなことも大切な体験だと思う。
世の中には、仲良く出来る人とそうでない人がいるのは当然の事だ。

大人になったら、この人苦手だからと、にげているバカリでは
仕事なんかも出来ないわけで。
まぁ最近は稀薄なんだろうが、近所づきあいなんかもあるわけだし。

いずれにしても、親たちは卒業式の間中、
本音の付き合いをして、温かい言葉をかけあってる子供たちを見れた。

目の前の子供たちは本当に仲が良くて
とても楽しげなのだ。
そらから、しつこいくらい話を聞いてたけど
立食で食事する間や
式が終わった合間の時間とか
屈託なく子犬みたいにじゃれあったり笑ったり、おしゃべりは、いとまがない。
そらはよくメソメソ泣いていたけれど、苦笑したみんなに頭をなでられていた。

小学生から、中学生、大学生のボランティアさんから
年はバラバラだけど、そらはこんな温かい場所にいられたんだと思った。

子供が不登校して悩みに悩んだ親たちにとって
本当に嬉しい贈り物だった。
先生やボランティアの大学生に
とても感謝しているし、言葉では言えない安堵感をもった一日だった。


フリースクールにいったからと、不登校の問題解決はまだ入り口だと思う。
でも確実に子供たちは元気を取り戻す。
それが明日へ向かうきっかけとなるのだと思う。

フリースクールの存在はいろいろ是非があるけれど
途中から登校を始める子供たちもいれば
ずっと登校出来ずにいる子供もいる。
けれども一番肝心なことは、子供の心を回復すること。
そして、小さな一歩でも、子供たちは確実に成長する。

フリースクールと一口に言っても、いろいろな場所がある。
私はそらをここに入れて、とてもしっかりした支援があると感じた。
中学との連帯や、子供たちへの指導はとても実りがあるものだったと思う。

そらがうつうつと家で過ごした日々も
決して無駄でははなかった。
あの日があったから、ここでの出会いをそらは宝物のように大事にした。

子供たちとボランティアさんと、先生とみんなの手作りの温かい卒業式だった。

涙もあったけど沢山の笑いがあって、子供たちの寸劇や、先生たちの小芝居
そらと仲間が頑張ったバンド演奏。

私は、私が泣いたら、泣き虫そらは号泣して
歌えないと思い、ひたすら耐えた。
じわじわ涙はぬぐったものの、なんとかなった。
私もおとなになったもんだよ。ホントに。

最後に、せんせいがそらにくれた言葉。文集の最後にかいてあった。

「そらの涙は優しさの雨
自分を信じ、前(ナナメ上)を見ていたら、
きっと何かが変わる!」

先生たち、ぼらさん、友人たち、そらを支えてくれて本当にありがとう。
スポンサーサイト
【2007/03/25 09:44】 フリースクール | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<眠る | ホーム | 明日はもうひとつの卒業式>>
comments
----
すごく温かくて、素敵な卒業式でしたね!
先生から、そらちゃんに贈られた言葉に
じ~んときましたe-420

涙をじっとこらえたharuさん。
その気持ちを想うと、こちらのほうが泣けてきます。
おめでとう!
大きな大きな1歩に心からお祝い申し上げますe-398
【2007/03/27 20:12】 URL | ハナミズキ #-[ 編集] |
----
そらちゃん卒業おめでとう!!!
 何も力になれずもどかしいきもちでいっぱいです。
何の意味もないかもしれませんがいつでもharuさんの味方です!!
【2007/03/29 22:58】 URL | かえ #-[ 編集] |
----
ハナミズキさん、ありがとう。
レスが遅くなってしまい・・ごめんなさいね。
涙をこらえにこらえた卒業式でした。
まぁでも涙はとめられなかったけどね。
そらのこれからを事を考えたら
過去を嘆く時間はないと、思えるようになりました。
新しい変化に、送り出したハナミズキさんの気持ちを
時々考える。
これからの不安を子供が一番もっている気がするけれど
そんな不安も、今は笑い飛ばしてしまおう!

かえこちゃんありがとう。
そっとみまもってくれる気持ち
温かくて、うれしく思う。
桜の季節、昔やったみんなのお花見思い出します。
それぞの環境が変わって行くけれど
みんなそれぞれの場所で頑張っているね
【2007/04/01 06:33】 URL | haru #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/130-0cd717d6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。