スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
泣き虫の治る鈴
そらは、小さい頃からとても泣き虫だった。
感受性が強いのだろうと先生たちは言った。

保育園では、入所してしばらくはバラ色で通った。
全然泣かなくて、明るくて、元気。
そしたら先生が、「こういう子は、事態がまだ飲み込めてないだけで
後が大変なんですよ」といった。
先生の予測どうりに・・・・
二週間くらい過ぎたとき、そらはようやく事態を飲み込んだ。
「ママは私をおいてお仕事に行っちゃう」ことを。

それからは、なんと半年くらい泣き続けた。
朝と、お昼寝の前に。
何度も仕事を辞めようと思ったけど、
先生たちは笑顔で「大丈夫ですから、お母さんは仕事にいって」と
私を見送ってくれた。

小柄な先生に、3歳の割に背の高いそらが抱っこされて
大泣きして、私を見送った。









保育園終わると、仲良しのしっかりものの女の子が
「今日もそらちゃんは 泣いたよ」と報告してくれて(とほほ)
お帰りの支度を一緒にしてくれたり・・・
ぽーっとしているそらの面倒をよくみてくれたっけ。

そらは、あまりにマイペースで以外と神経質でもあり
食後にさっさと皆がホールに移動して、お昼寝の準備したり
遊んだりしていても
ひとり教室に残っておしぼりを丁寧にたたんだり
お昼寝の時はタオルケットのかけかたにもこだわって
きちんとしたがった。
今は、まるで魔窟のような散らかりまくった部屋にすんでいるというのにね。
まぁとにかく、なんだかちょっとズレているらしかった。

保育園卒業がまぢかになると、先生が
小学校は、保育園とちがって集団生活だから少し心配で、
本当にそらちゃんの、素直でのんびりなとこは、
とってもいいとこなんだけど・・・みたいなことを言って
ちゃんとみんなと動けるように指導していますということだった。
でも、このそらちゃんの性格は、とってもいいとこがあるのだから
お母さんは焦って叱らないでくださいね

と、言われた。

しかし私はよく叱った・・・・
自分はとてもせっかちで、そらからみたら要領がいいらしい。

神様は、全く違う性格の子供で
しかしたまらなく可愛らしく感じてしまう
そんな組み合わせをきっと親子にするんだと思う。

そらが泣き虫になったのは私のせいかも知れない。
がんばれ、泣いたらだめよと叱咤し続けたから。

どうして涙がでちゃうのか・・・・
うまく言えない事が沢山あって、胸が一杯になっちゃうんだろう。

小学校にあがっても、泣き虫はなおらず
低学年の時はとくによく泣いた。
でもまわりのしっかりものの友人に助けられつつ
なんとかやっていたけれど

そらにある日、私は鈴を渡した。一年生の春。
これはおまじないの鈴で、そらがなきたくなったら
これを見て、少し我慢しようね。
ママがいつもそばにいて、そらをみているからね。って。
パンダの形の鈴だった。

この前、そらの部屋をかたずけていたら
それがでてきて、
そらに「この鈴、ききめなかったねぇ」と話したら
「全然きかなかったよ」と涼しい顔でそらはいった。

まったく、鈴なんかに頼らずに
もっともっと、そらの心を聞いてあげたらよかったんかなぁ
なんで悲しくなったのか、どうしてないちゃうのか
はなしたかったんかもしれないな。
子供の話、聞いているつもりだったけど
不登校初期に、「いつも仕事があるからママはとても忙しくて
あんまり、聞いてくれなかった」といわれて
大ショックを受けたっけ。


でも、今の講座では
いつでも子育てはやりなおせる、と言われた。

昨日そらが泣きながら携帯に電話してきて
早くフリースクールにいって
卒業式の為のバンド練習したいのに
体が動かなくて、いけない・・どうしてもつらい・・
と思い詰めていた。
このままでは高校も行けない・・と泣いた。

私は、辛い気持ちをくみ上げてあげるしかできない。
そして、そらがだれより頑張っている事を認めてあげたい。

まず今の気持ちを聞いた。
不安で、自身がないことをそらを訴えた。
そうだよね、新しいことに向かうのは、いつも不安だよね・・と私も聞いた。

そらがずっと頑張っている事を
ママとパパが 一番わかっているから
よーーく見ているから。
みんな病気のことわからない人が多いけど
今度いく高校は、大半が不登校の子供できっとそらの気持ちはよくわかってくれると思う。
おんなじ病気の子もきっといると思う。

みんな、すごく苦労して、それでも立ち直っているんだよ
そして、そういう子供をわかってくれて
立ち直らせてくれる先生が沢山いるんだよ
きっと、大丈夫だから・・・と話した。

今度いく高校の先生たちは、全員カウンセラー資格を持っていて
そして、ただ子供の気持ちを理解するだけでなく
前に進むように背中を押して行く・・というサポートをしていくのだそう。
小学校からの不登校、中学からの不登校、病気をもった子供・・
さまざまなそんな子供たちを
ちゃんと卒業させている。

そらに、万が一、学校いけなかったら
また道を探そう。といった。
中学卒業したんだから、もう学校にこだわることもないし、
完全な通信にコース変更してもいいし・・・。

そらは、はなしているうちに落ち着いてきた。

泣き虫のすずのことをそんなわけで思い出した。
スポンサーサイト
【2007/03/21 19:00】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<くじけたり 迷ったり | ホーム | 卒業式>>
comments
----
娘も、幼稚園の時は、泣き虫でした。
それが、小学校に行ったとたん、
すんごい、しっかり物になって、頼れるおねえちゃんになりました。

でも、ホントは寂しがり屋で、泣き虫なのは
変わらないんだろうな。泣きたくても、家族の前では涙を見せず、意地を張ってたんだと思います。

私も、泣くのを見るのが嫌いで、よく、叱ってたっけ。泣くのを見るのがつらいのは、親の都合。子供は、ただ、つらい気持ちをわかって欲しいだけなんですよね。今頃になって、小さい頃悪い子としたなって、反省してます。
【2007/03/21 22:26】 URL | ハナミズキ #-[ 編集] |
----
泣き虫の鈴・・・
とってもいい話ですね。
効き目が無かったかもしれないけれど、お母さんの気持ち、エールは伝わったんじゃないでしょうか。

実は、わたしもすごい泣き虫でした。
自己憐憫でもあったけれど、人の悲しみを想像しても泣けた。今でもそう。(韓国の女優になれると思う。)
通知表には「すぐ涙を見せる」と毎回書かれた。
その先生は大嫌いな、ひいき先生だったと思っている。
息子も、集団万引事件のとき、クラスで数人、加わらなかった者として先生に事情を聞かれたとき、親しい子がしようとしたときに自分が止められなかったといって、ぽろぽろ泣いたらしいのですが、そのときの泣いた自分は、自分では「大嫌いな俺」なのだそうです。「俺の中には女がいる」・・・つまり息子は泣き虫で女々しい、と言ってるんでしょう。
そこが良いところだから、といいながら、私の感受性にも似たこの繊細さが、生きづらくしているんでしょうね。
そらちゃん・・大好きだな。
【2007/03/21 22:30】 URL | ぺいんとまま #-[ 編集] |
----
ハナミズキさんへ
本当に泣くのを見るのが辛いのは
親の都合だったよねぇ
子供にはきっと、泣く理由がいろいろあったんだよね。

コハナミズキちゃんのいじらしい様子は
なんとなくわかるなぁ
私も姉。妹が生まれてから、親に甘えられなくなったもん。

小さいころのことは、やっぱり振り返りますよね。
でもそれだけにこだわっているのではなくて
ちゃんと今、支えてあげてるから
全然オッケーと思うの。
コハナミズキちゃんの留学生活、あれこれトラブルもあるけど
格段の成長・・・・
どんどん成長して
まぶしいなぁ(^^)
【2007/03/23 21:08】 URL | haru #-[ 編集] |
----
ぺいんとままさんへ

私も息子さん、大好きです。
友達をとめられなくて流した涙・・
きれいな心を持っていて、もうとっても、
胸がじーーんときました。

不登校になってしまう子供は、繊細な優しさをもっているといったらいいすぎかな?
そらも、親友がいじめにあって
全校集会が開かれたとき、悲しくて
大泣きしてしまったことがあったな。

男の子は、女々しいなんていわれちゃうからなぁ
でも私は女々しいなんて思わない。
すごく、いい奴だ。温かい優しい子と思います。

息子さんのその心根は、財産だと思う。
決してなくさないでほしい。.
【2007/03/23 21:17】 URL | haru #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/127-84f71564
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。