スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子供の心を辿る旅・・講座参加
そらが不登校の兆候があらわれ始めた時の私と
今の私の変化は、他人からみたらわからないだろうけれど
自分としては、子供の声を少しは聞くようになった・・ってことか。

でも私は特に普通の親であり、虐待したり、無視したり、
話を聞かなかったわけでもない。

でもそらは孤独と向き合い、苦しんでいた。
誰も私の声を聞いてくれない
先生も、ママも、パパも、友達も
誰も私の気持ちはわからない

そう思っていたようだった。

そんなそらを見てショックを受けた私は
今はやめてしまったフリースクールの先生の言葉励みにした。

「傷ついた子供の心は、お母さんと過ごすことで癒される。
もう一度、小さな子供を育てるように、一から育てなおすつもりで
つきあってあげてください」

そこから、私の子供の心を辿る旅がはじまり
そらの心の育て直しがはじまった。
いろんな書物をよみあさってみたり、子供とつきあって遊んでみたり
叱ったりおこったり泣いたり・・の感情のもつれは
数々・・・・悲しくて、辛くて、もどかしくて・・・
手を挙げたこともあった。
そしたら、そらに叩きかえされた!私も目が覚めた。
あはは、さすが、私の子供だ。

最近、こんな言葉も聞いた。
「いじめは、子供のまともな心の成長を壊してしまう。
どんなにちゃんとそだっていても、いじめを体験した子供は
一気に自己肯定感を失い、深い傷を負う。
自分はだめな人間、価値のない人間だと思い、苦しむ。
そのくらいの辛い体験」

私の育て方はそんなにまちがってなかったんじゃないか・・・。
最近、ようやくそう思うようになった。

沢山抱きしめて、愛して育ててきたじゃない。
大抵のお母さんがそうしたように。

私もだいぶ冷静になったみたいだ。

不登校がおきたら
私は自分の育児を後悔し、たくさん批判もされて自分自身も否定された。
育児に失敗した母親なんだと失望した。

不登校を通しての親の心の傷はいかほどだろう。
みんな子供のことでいっぱいだけど・・・・
私自身、こんなに心が丈夫だと信じてたのに
心のバランスはぐちゃぐちゃだった。
いつもひたすら眠れなくて、頭の奥が何か・・・じんじんと痛んでいるかんじだった。

たぶん、不登校当事者のそらはもっと、こわかったろう。
自分は変なんじゃないか・・・って思っていたみたいだ。
このままじゃおかしくなっちやうっとも、思っていたみたい。
遠くに見える狂気を感じてた。

そらはとくに、いい子でいたから・・・
かわいくて、優しくて、明るいそらちゃん
親が一番、そんなそらを信じていたんかもなぁ。

今は出来損ないの甘えん坊の自立心のない
汚い部屋に住むごラムみたいなそらだ。

でもとてもよく笑い、私にペラペラととどめなく話をしてる。
つまらないことに夢中になってる。
今は音楽と、ジュニと、ゴミクズみたいな紙やチラシ・包装紙などを大事にとっておいて
コラージュをつくることだ。

あの頃のそらは
外側のいいこの自分を壊す事が出来なかったんだと思う。
そしていじめの体験で
自分自身を失ってしまったから・・・


話をもどすけれど・・・

子供を愛さない親はいない。
ただ方法をしらない人はいる。
うまく子供と向き合えない人はいるだろう。

多かれ少なかれ、人間はそんなに器用でなく
そして子育ての方法は大抵、自分がそだった環境を手本に行うのだそう。

けれどもそれは、時代遅れだったり
親が問題のある環境でそだっていたり
あるいはちょっとしたボタンの掛け違えで

子供の声が届いていないことが多い。

幸運にも何の問題行動を子供がおこさなかった場合・・
私はこっちの方が怖いと思う。

問題はひっそりと次の世代にもちこされる。
そのことは、子育て中の母親なら
うっすら、わかるのではないか。

でも、やり方次第で親子は順調な成長をとげられる。
愛にみちた方法で、子供はすくすくそだてられる。
今回の講座は、そのテクニックが少しずつあらわれた。

その方法は、たぶんカウンセリングの本でもひもとけど
すぐわかる方法。
上手な相づち、子供が話しやすいことばかけ
お母さんは、私の話をきいてくれている・・・
否定もしない批判もしない・・わかってくれる。
そう思うことで心は育つ。

自分の問題は自分で解決できるようになる子になる・・・らしいね。

また、罰を与える子育ては様々なところで行われているけれど
実は弊害が多い。

罰を与え続ける事は問題解決にはならない。
罰を回避する方法だけは身につくけれど、消極的・依存的な子供になる。

また、その辺はゆっくりと・・・
スポンサーサイト
【2007/02/25 10:05】 カウンセリング・親の会 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<夜と昼。 | ホーム | 昼休み>>
comments
----
こんばんは。
とてもよい講座のようですね。
>問題はひっそりと次の世代にもちこされる。。
すごく、よくわかります。
私も、今では、娘の不登校に感謝しています。
本当に、いろ~んなことがわかって、たくさん、勉強できたもの。。
そらちゃんは、幸せだね。haruさんがお母さんで。少しずつ、そらちゃんも成長しているし、大丈夫。自分の居場所を見つければ、きっと、羽根を伸ばして、飛べるはず!
【2007/02/25 21:57】 URL | ハナミズキ #-[ 編集] |
--ありがとう(^^)--
子供が不登校し始めると
親はもう爆弾落とされたくらいのショックを受けると思います。
そこから立ち直り、我に帰り、子供を立ち直らせよう、理解しよう・・・
様々な感情の克服・・といろんな経過があると思う。

落ち込まずに前向きに・・・と言葉で言うのは簡単ダケレど
心から覚悟するまでの期間が
もっとも辛かった。

私なんて馬鹿親で、何もわかってなかったからね。
こんなことがなかったらそらという人間を理解しなかったかも。
本当に皆さん、いろんな努力をして
様々な取り組みをしていると思う。
ブログを通して、様々な会に参加してそれは伝わってきます。

ハナミズキさんのいうように
そらが羽を伸ばして飛んでくれる日まで頑張ろうと思う。

多分皆さんそうだと思うけど
【2007/02/28 07:30】 URL | haru #mQop/nM.[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/120-78a1222d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。