スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
高校への切符
昨日そらにとって特別な、メールと電話がきた。
メールは、ここのところ会っていない親友から。
電話は、児童養護施設に入所してしまった友人から。
残念ながら公衆電話からの留守電だった。
それぞれ、友人からの高校合格の報告だった。

今週末にそらは、高校の制服の採寸がある。

ここにいたるまで、いろいろあった友達関係。
幼なじみでもある親友はそらと同じ高校への進学を
強く希望していたが、それはかなわなかった。
やはり不登校児が多い事と、特別なカリキュラムであること
そして学費の事など・・・いろいろ理由はあるのだと思う。


親友とは小さな頃からいつも一緒。
おっとりぼんやりのそらと違って
リーダー的存在ではきはきした賢い子。

小さな頃からの二人の夢は、いつかふたりで歌手になること。
いつもケンカしてはなかなおりだったけど
今回の受験の事で ぎくしゃくしてしまったらしい。
そして彼女を刺激したくないそらは
ずっと連絡をとってなかった。

そらは、彼女を通しての友達関係にすっぱりけりをつけたいようだった。
大げさに言うならば、そらは彼女にずっと支配されていたのかもしれない。
新しく、自分の力で・・・新しい友達と向き合いたいみたいだった。

子供はこうやって自分の力を試す。
いろんなことを感じてそだっていく。




もうひとりの、施設にいった友人は、そらが不登校に悩む3年の一学期
突然、転校生として現れた。

少し大人びているけれど
正直で明るい彼女と、そらは たちまち仲良くなった。
うちにもよく泊まりにきた。

そらと同じ、背が高く、おっとりした女の子だけれど
施設育ちの彼女は芯が強かった。
朝五時に突然そらの部屋にきて
ちゃんと学校いきなよって笑って誕生日プレゼントをおいていった。
手芸の得意の彼女のつくった小さな手作りバックと
出来損ないのクッキーだったけど
そらは喜んだ。

「まずいクッキー、あいつに本当のクッキーはこんなだよって
ちゃんと作ってやんなきゃ」って
クッキーかじりながらそらは嬉しげだった。
でもクッキーは渡せないまま、彼女はその日から学校にはこなくなり
ほどなくして施設に戻った。

そらは泣いて、Mちゃんの施設をしりたがったが
担任も知らないらしく
そしてそういうことは、教えてはいけないらしかった。

施設に行く前に
そらは彼女の身の上に起きたことを受け止めかねて、私に話した。
必死に道をさがしたけど、やっぱり彼女は施設に保護された。

そらに真剣に
「haruちゃん、Mをうちにひきとってくれない?
でないとMの人生はぼろぼろになっちゃうよ」と言われて
私はいいよ、そうしようか、パパに相談してみようと答えるしかなかった。
このマンションでMをひきとって暮らす事。
そういったものの・・・難しい事だった。

なにより、Mちゃんには親がいるんだから。
現実的にそんなことが可能なはずがないことを
そらもわかっていたし、私もわかっていた。

子供たちをめぐるそれぞれの家庭
本来平和な場所であるはずなのに・・・・
その家庭が、機能をはたさず
むしろ子供にとって危険な場所であること
それを私たち親子はまのあたりにして衝撃を受けた。

泣いたり悩んだりしたけれど
結局、世の中のしくみに身を任せて見送るしかなかった。
今、彼女は高校が決まったらしかった。
嬉しかった。
きっと彼女なら、逆境に負けずに育って行けると信じたい。

それぞれの新しい門出。

そらはまだまだ病気とむきあっていくけれど
あれがダメなら、こんな道と気楽にいこう。
道は一つではない。
なにより、義務教育が終わったら
もう、なにより自由じゃないか・・・・

学校行かなくても義務教育は卒業できる。
それはとてもありがたく、また心が縛られて不自由でもあった。
でももうじき、それも終わるんだ。
スポンサーサイト
【2007/02/10 10:11】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<会いたい人 | ホーム | 探し物はなんですか>>
comments
----
本当に世の中には、想像を絶する家庭があり、子供は大人の犠牲になっています。

その子達にも、いつかきっと平穏な日々が送れる日がくると信じたいです。
【2007/02/11 00:57】 URL | ふみごん #DpPCjZ4g[ 編集] |
--ふみごんさんへ--
本当に、そう願います。
きっと平穏な幸せを知る日がくることを。

そらと出会った縁で、私も彼女を通して
子供の幸せについて深く考えました。

私たち母親の出来る事は、自分の子供をきちんと育てる事だと思うのです。
愛情を沢山与えて育てて
いつか他の世代に愛情をリンクさせていってほしい。
自分の身どもにも他人にも。

そうしないとまた不幸な子供が生まれるから。
Mちゃんの親の生い立ちも
きっと不幸だったに違いないと思うのです。
悪意の連鎖は、愛情でしか食い止められないと思うのです。
【2007/02/13 06:59】 URL | haru #mQop/nM.[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://haretasorani.blog58.fc2.com/tb.php/112-8c4fb0f2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。