スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
合宿
本日朝5時起き
Tシャツ13枚
タオル八枚
洗面用具にジャージ
下着に仮装用の服に舞台で着た衣装まで
その他コンタクトにめがね
いろいろいろいろ入った
大きな大きなボストン二個に
リュック一個の荷物を持って
三泊四日の合宿に出かけた

ジャージにピンクのバッシュをはき
ピンクのポロシャツのその姿は
何者かいなという感じ

ジャージで電車に乗るなんて 以前のそらには考えられないこと

改札で見送ったそらの背中は
等身大の高校一年生の女の子だった
もう 私の小さなそらじゃない

不登校したり問題のある子供の親は
心の中で子供を手放せなくなる
不安定で苦しむ子供の気持ちが
不憫でもあり 情けなくもあり

けれど そらは この半年で
ずいぶん成長して 自分の世界を
飛びまわりはじめた
スポンサーサイト
【2007/08/30 11:48】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
無事、舞台に。
国立劇場でおこなわれたのは
高校生の演劇や伝統音楽の優勝校が集う公演でした。
そらの高校は、それのオープニングダンスを踊るチャンスをいただいた。

20分間のダンス公演は、構成が素晴らしかった。
10年間、この高校でダンスを担当した先生の構成。
テーマは夏の夜の夢

拍手がヒピキわたって、本当はアンコールがほしいくらいだったけど
そこは高校生、舞台をさっさとはけてしまったので
アンコールの挨拶はできなかったらしい
スタッフさんは緞帳をあけようとしてくれたらしいけれど・・・と。

そらは先輩達の後ろのうしろ。私の一階席からはちらちら見える程度。
でも2階席からはよく見えたらしい。

ダンス担当の先生に、お礼をいったら
よくがんばってついてきてくれましたよ、今日もなんとかなりましたねと。

土下手で、「もうコースやめたほうがいいのかな・・・」と悩んでいたから
そらにとって先生の言葉は嬉しかった。

そらは、じつは最近は「美容師さんになりたいな。」
と言っていた。
やはり数々の先輩達の才能の前に、現実をしったというのが本当だと思うけれど。

昨夜は二人で合流して食事したら
(夫は用事があって先にご帰還・・残念だねーー)

ママ、本当にいろいろありがとう
とそらは晴れ晴れとした顔で言った。
またこれからもよろしくねって。
私、最近役者になりたいって思うと。

無気力で苦しんでいたそらの
そんな言葉が何より嬉しい。

パパにもお礼言ってあげてほしいけどね。
照れくさくてお互い言えないみたいだ。
男親は美味しいとこがなかなか味わえないのだ。

でも帰ったら嬉しげにパパと話していた。
最近ふたりの仲は和らいでいる。

思春期の娘の、お父さん嫌い・・・は本音もあり甘えもあり
大人の女になっていく途中の複雑な成長の現れでもあるのだと
自分を振り返っても思う。

この夏は・・・大変だった。
正直、後ろから支える毎日は。
仕事と主婦の二足わらじに私自身、自信をなくしかけていた。
とにかかく疲れて、ひどいときには昼間の仕事にさわりがある。
(ひたすら、ねむいのだーーーー)

でも今は気分がいい。

そらは体力の限界を感じていたけれど
入学時から、徐々に重ねてきた筋力づくりやレッスン
苦手な走り込み
やはり地道な日々のつみかさねが
そらの体を替えたのだと思う。

未だに足はむくみやすくて大根足だけれど
不登校で緩んだ太めの体は、どうどんしまって来ている。

この日の20分間の為に
頑張り抜いた夏

不登校の頃のそらをよく知る友人が見に来てくれて
「本当に良かったね」「あなたきっと泣いているなぁと思ったよ」と言われて
感無量。こらえていた涙がほろりとでた。

悲しみに流れる涙はさらさらとしている気がする。
感動で流れる涙はなんだか熱くて濃いめの気がする私でした。
【2007/08/27 06:55】 舞台 | トラックバック(0) | コメント(4) |
初舞台。
初舞台、っていうとだいぶ仰々しくて
どんなすごいことが・・・ってかんじだけれど

昨日は学校近くのホールで公開稽古があり
夫とふたりでいってきた。

仕上げの段階とはいえ
厳しい稽古風景にびっくり
そして大満足

そらの出番はわずかで
メインで踊る先輩達のうしろのうしろの・・・・・・だけど
ここ2ヶ月のそらのがんばりをみたら
いまのそらにとってこれがせいいっぱいのダンスだと思う。
夫は十分だ、がんばってるとうれしげだ。私も同感。

ついていくのに必死でいっぱいいっぱい。
ここんとこ毎晩帰ってくると泣いてる。
先生達がすごくがんばっているのに
ちゃんとついていけなくてごめんなさいって思うって。
うまく踊れなくて悔しいと。

涙はそらの場合、感情のはけ口で
泣き虫はなかなか治らないんだけど
もう、それでいいと思っている。

疲れやストレスが溜まると、やたらと怒る人がいるように
そらの場合全て涙に変換されちゃうんだな。

運動は大の苦手でリズム感もうまくとれなくて
精神力もようやくついていっている感じ

でもそれも明日の舞台で終わり。
そらにとって生まれてはじめての燃える夏だ。

私は、2日間ほど睡眠不足
子供の舞台用の衣装制作の手伝いで。
たぶんどこの親も、つかれはてて深夜に帰ってくる子供の
もってかえってくる衣装製作をてつだっているらしく
2日間ねてないのよ・・なんて言っている。

今回時間がなくて、生地の配布も遅れて
しかしあすまで仕上げるなどというのがあり・・・
この年で徹夜するとはね。

写真は衣装につける「しずく」です。
潤はどうしても、あのしずくの上に座りたい・・・
ママに何度しかられても
どっかりとすわってみたい・・らしい。

070824_2316~0001.jpg

【2007/08/25 15:04】 舞台 | トラックバック(0) | コメント(2) |
学費
先月の末に 学費の引き落としがあった。
夫も私も ホッとした。
なんとなく 引き落としが終わるまで緊張するものだ。
私だけかな?

先日 浜松餃子を食べながら
親はありがたかったねぇ
と そんな話になる。

皆自分で稼ぐようになり 自活するようになって
だいぶたつわけだが
最近しみじみ 思うわけだ。

私は学費を払うようになり ますます
学費に一人暮らしする生活費まで
親はどんなに大変だったかと思う。

そらは今日、課外授業として
映画のエキストラ出演があり
昨夜は10時に帰ってきて
なんと朝四時起きで 疲れと焦りなのか
威張りながら出かけた。

持ってかなきゃいけないブレザーを
リュックにいれたらシワになるよ
とか ペットボトルを忘れるな
など 言ったら
今やろうとしてた と(怒)

勝手なやつだなと思う
バカもんだな

威張りながら出かけた直後に
ハンカチ忘れて マンションの階段下まで
届けてと電話がきた

階段下で照れくさいのか ゆるく笑うそら。

親に感謝を深く感じるには
まだまだ 世間を泳がないとわからんかもね

ちなみに 友人たちとの もうひとつの話題は
更年期と老眼について!

まだおよそ四十代半ばですが 友人4人
友人の旦那さん五二歳ふくめ
全員老眼になってました。

いつの間にか 年をとってる私達ね
【2007/08/17 08:38】 暮らし | トラックバック(0) | コメント(4) |
私の夏休み
私の夏休みが終わってしまった。
そらが熱を出したり、そらに合わせた生活であることは変わりないが
千葉の友人に会いに遊びにいったり
阿佐ヶ谷の友人宅にのみにいったり
私にとってはなかなか会えない人たちとの楽しい交流をした。

写真は友人宅で食べた浜松餃子。
宇都宮餃子より有名とか。
栃木の私の実家では餃子は一気に100個くらい作った物だが
浜松では買うもんなんだって。とっても安いらしい。

なんだかそんなにのんでいないのに
胃を痛めてしまった。
どうもお酒がいけない気がします。


070815_1845~0001.jpg

【2007/08/17 07:38】 ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) |
日々歩いて。
去年の日記はどんよりしていた。
私の5年日記は特に夏は書かない事が多い。
適当を自分に許す。これがが続く理由デス。

去年のそらは日中は家でごろごろ
体はむくんで体力もなくて、体重が増加。
外にでるのに、アイメイクやら、シャワーやら何時間もかかった。
目立って変わった格好をしたがったり。

自分は醜いから外にでてはいけないんだよ
誰も私を必要じゃないよ・・・

なんて言って私や夫を困惑、悲しませた。
***そらはかわいいよ
パパとママにとっては、とっても大切な娘だよ***

そんな言葉も空しく消えていく。
そんな去年の夏。

今の空をみたら、みんなびっくりするね。
沢山心配かけた中学の担任
毎朝電話をくれて、学校に誘ってくれた友達・・・

私は、以前と変わらず、不登校の問題に関わる親達の
メーリングリストに登録している。
もう投稿することはないが
やはり気になって目を通す

不登校はなくならない。
むしろどんどん増える。
そんな気がする。
あちこちで、子供が学校にいけない話が聞こえる。
日本の子供達に起きている問題を
どうやって解決したらいいんだろう。

そらが立ち直れたのは
やはり人の心のおかげだと思う。
フリースクールの先生にであったこと
夏のオープンキャンパスで
今の高校の先生達にであったこと
そして、そらに必要だったのは自分を特別視しない
仲間のいる場所だった。

親の愛情とかより、くやしいけど
それは抜群の力の元になっている。

月曜日に発熱して血液検査をして
薬の副作用ではないことがわかって
二日目には解熱剤で熱を下げて学校にいった。
正直その根性にはおどろいた。

夏休みなんてまったくなくて
ひたすらレッスンの日々
先生達が本気だから、
手が抜けないのだとそらは言った。

あの弱々しいそらにこんなことが出来るようになるなんて・・・・

私に何が出来るんだろうなぁ
悩み苦しむ子供たちに、居場所は絶対あることを教えてあげたい。
【2007/08/16 14:01】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
発熱
そら発熱 一気に高熱になる
今飲んでいる薬の副作用かと心配したが
血液検査の結果で 副作用ではなく風邪と判明

発熱2日目の今日
まだ熱あり

しかし明日の朝は絶対に学校にいくと。

小さな頃から月に一度は高熱をだし
心配したものだが
体が大きくなった今でも
おんなじだな。

わがままも言わず
妙に大人しく眠るそら

熱ありでも絶対に行くといいきる
その気持ちにびっくり!

今日 明日とあるリハーサルに出ないと
絶対ダメだからという

困ったなぁ
マジ 困った
【2007/08/14 02:38】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
熱い夏
そらは頑張りすぎているかもしれない。

5時半から6時の間におきて
8時前の電車にのって登校。
1時間で学校につく。

夜はおよそ7時まで ダンス・筋トレ・芝居の練習

役がついたらもっとがんばれた
もう学校にはいきたくない
何ひとつ認められない

愚痴はきくだけきいて
昨夜は、脚をマッサ-ジしてあげた。
そのまま寝付いたそら。

朝は元気に出かけた。
熱い夏・・・乗り切れますように

明日は休みで、千葉の幼なじみたちにあいにいく。
子供達が大きくなると、なかなか会う機会がなくて

小さな子供たちをわらわらつれて
キャンプに毎年でかけたことが懐かしい。

那須の夏の青空はどこまでも続き
どこまでも道は続いた。
子供達の未来は自由にみちていた。

贅沢な時間だったなぁと思う。




【2007/08/10 12:45】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
モンゴルに
朝青龍に関して
会社でいろんな人の意見を聞いてみた。
更衣室での話題としては盛り上がった。


あ~日本人的だなぁ と思ったのは
やはり 甘えている とか 責任をとるべきとか
日本には日本のルールがあるとか
いたって 厳しくもあり
生真面目でもある意見。

私は「 モンゴルに帰してやってよ」

そう思う。
モンゴルから一人きて
文化の違い 感性の違い、育ちの違い・・・
あまりに自由奔放で行儀もしらないというが
育った国が違うのだ。
当然では?
ひとには言えない苦労もあったろう

相撲協会の思惑は なんだろうか。
いずれにしても、人としての彼を
見てないね

モンゴルの風に吹かれ
お母さんや妻のご飯を食べて
またあの笑顔を見せてほしい。

転んだことのない人たち
心が壊れかけたことのない人たちは
意外に容赦ないな・・と思った午後でした。

ところで うちの潤ちゃん
手塚治虫を読んでまっせ
20070808202641.jpg

【2007/08/08 20:26】 ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) |
共に歩く
夏休みだというのに
そらはほとんど毎日学校にいっている。

保育園からのそらを知る主治医に
今、レッスンに頑張っていて
8月末に国立劇場でダンスを踊る機会があり
そのために苦手なダンスを必死で練習していること
毎日6時起きして、学校にいっている事をはなすと
主治医は、そらの前ではガッツポーズをした。
やったな!って

先日、私が薬と診断書をとりにいったときも
「去年の事を考えたら、本当にすごいなぁ」と言った。

そらが、自分の病状をうまく学校の先生にもはなせなくて
でも炎天下の下、走り込みが毎日あって
心臓が痛み、苦しくて大変らしいと話すと
「そりゃそうだよ。人より鼓動がはやくなったり
機能が亢進する病気なわけだから
つかれも人一倍
そらちゃんが今の学校でたちなおったことを考えたら
運動の制限はあまりしないほうがいい
でも無理しちゃだめだよ」と。
診断書はいくらでもかくから、調整してくださいと。

私の前では、わがままをいい
えらそうなそらだが
実は、超ビビリのそらはダンスの先生と、
コース担任の先生が怖くて
自分の体調をうまくはなせなかった。

でも担任が話を通してくれているみたいで
昨日、コース担任の先生が
そらに話しかけて来てくれて
「甲状腺の病気なんでしょう?つらいね」と言ってくれた。
「明日皆の前で話ししようか」と病気の話をする機会をもってくれた。

そらは結局診断書は出していない。
今更病気で、皆についていけないなんていえない・・と。

more…
【2007/08/07 09:14】 甲状腺機能亢進症 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。