スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
入学式
昨日はそらの大学の入学式でした。
そして、新しい自立の一歩。

初台にある女子寮に入りました。
大学まで30分。

私と双子みたいに仲が良くて
小さな頃は人に預けた事もなく
忙しい夫の帰りを
二人きりでまつ日々でした。

この18年間
私と娘は距離を置いて生活したことなんてなかったのです。

不登校の痛みは、私の方が大きく
その私の心の痛みを知り、自分を責めたそら。

色んな意味で
自立したくても、私から離れる事が怖かったんじゃないか
そう思います。

一人暮らしをしたいと願う気持ちは
彼女の自分の未来への気持ちの現れでしょう。

私はちゃんとひとりで歩けるひとになりたい、と
そらはいいました。

はっきり言って、経済的には大変です。
大学まで通う事は、もちろん可能だし
家にいてくれたら、その方がいい。

でも、やはり一人暮らしをさせることにしました。


入学式前日にようやく鍵をもらえるので
引っ越しして、私だけ下北沢に
清志郎のバンマスだった三宅伸治さんのライブを見に行ってきました。
(娘の寮の近くでしたから)
娘の自立のその日4月2日は、偶然にも清志郎の59回目の誕生日でした。

一泊して、次の日は入学式。


入学式が終わっても
ばたばたとカーテンを探したり、100円均一の店で
あれこれ探したり、忙しい事・・・。

そんなこんなして、娘の寮をでたのが夜の9時半。

あめが降っておりました。

そらも、どうしよう、寂しい・・と帰り際
ベそをかきながら作り笑顔で私にバイバイ。

もしかしたらずっと、双子親子のほうが、
私も娘も幸せだったのかもと
帰り道、後悔して泣きました。


しかし、親として
こんなことではいかんっっと気持ちを奮い立たせ

一生懸命、ひたすら働く事を決意しました。

基礎過程をしっかり勉強して
大学3年になったら
もどってくる予定でいます。

でも、わからないですけどね。
その時の様子次第かな。

来週からオリエンテーションらしいです。

あの自堕落な実家生活から一変。
はたして無事にちこくなしで登校できるのかな・・・・

月曜日は不安なので朝、電話だけしてーーと言われました。
目覚ましは2個も持っていきました。

まぁ本人にまかせるしかないですね。
スポンサーサイト
【2010/04/04 15:55】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
近況報告です。
そらは、9月には大学を決めました。
その大学には、説明会に3回くらい行って
自分の手の届く範囲の夢がそこにあった・・・という感触でしょうか。

あんまりとおくなくて
あんまり、めちゃくちゃに高くなくて
自分が居続けられる場所・・というのを
探すのが少し、うまくなった気がしています。

精神的に苦しむ事はほとんどなくなった。
そして、
それが親としては本当にうれしく思う。



最近、友人から不登校の相談を受ける事が多くなって
私の出来る事はなにか・・と考えることが多くなりました。

私は友人にきっぱりと
学校ないくことはそんなに重要じゃない、と言い切りますが

それが正解かどうかはわからない訳です。

でも、体感して産まれた言葉なんだよね。
実感なんですね。


だから、計算して出したこたえでもないし
結果として、でた答えなんです。


もちろん学校にいくことはとても大事で
そのために私も娘も夫も悩みまくった訳です。

ただ、子供は成長するし変化して行くのです・・・・

苦しんでいる親御さんたちに
私は何をできるのだろう

今できることは
友人の話をきくこと・・だけなんだけどね。
私はそれをしてもらうことで
とても助かったので。




【2009/12/06 01:00】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
生きる方法
そらはパフォをやめてから
やはり学校に魅力を感じてない

オンリーにうつってから
学力はがた落ち
最近は登校する気力すらない

軽音楽部があるときは
なんとか登校するものの

ボーイフレンドのかずちゃんと
毎日毎日話をしてるけど
かといって 彼女の問題が解決するわけではない

体調はよくなっているはずなのに
不眠気味なのと 悪夢は変わらないらしい

ついかかわりすぎるのはいいことではない

わかっていても 口が出る
だめだなぁ
【2009/01/27 08:34】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
そらの友人
そらは最近 インディーズバンドのライブに行くようになった。

今夜は いつも仲良しの友人達が
遠方で終電がなくるらしく帰れなくなり
急きょ泊まりにくることになった

そらの散らかった部屋に
三人で雑魚寝
夫がお布団をそらの部屋に運び
掃除機もかけてくれた
ひとりはモデルのSちゃん
ひとりは男の子!
いつも話に聞いていた友人のひとり

ここんとこ ずっと心配を背負って
心配のカタツムリみたいになって
鬱々していた私

そらの友人達の明るさが
救われる

明日は早いのになぁ

そらは起きられないかもしれないなぁ(>_<)

楽しげなおしゃべりが続いてる
そらは大丈夫
きっと大丈夫
【2008/10/27 01:09】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(2) |
今はゆっくりと
コースをやめてからのそらは、甲状腺の病気の悪化により
午前中はぐったりとしている毎日。

しかし午後にはだいぶ調子がよくて、
夕方には活発に動ける様子。

しかし彼女はバイトはしている。
本日もバイト。
某コーヒーショップにて店員をしております。
昔は喫茶店なんていうのが沢山あったね。

でも今は、安くて美味しいコーヒーショップがあちこちに。

なんとなく、本人のやる気優先で、好きな事をせい、と言う感じなんである。

バイトにいっているから学校に行くときに疲れきっているのかもしれないが
バイトやめたら、なんていう気はまったくない。

more…
【2008/09/23 16:05】 学校へ行こう | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。