スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そらの心
そらには強いこだわり行動がある

小さい時は 右手を使ったら左手を必ず使うことをきめていたらしい
警報器の音は聞こえている間
数えていたそう

時計を読むことが苦手(しかし数学は得意)
そらの部屋の時計はデジタル

今は帰り道に広い池袋での乗り換えルートは
必ず決まっていて
もちろん朝電車に乗り込む時の立ち位置は同じ場所
毎日同じルートでないとストレスを感じる

特に短期の記憶が苦手
明日の学校の予定は小さい頃は
大半は「わからない」と答えていた
記憶にどどまらないのか
先生の話が頭に入らないのかはわからない
多分印象として後者

あの頃は時間割以外のことがありそうだと
全部持っていってた
荷物は多いかすごく少ないかのどっちか

帰り道は不安だったろうな
保育園時代はお帰りの支度を
よくしっかりものの友人がやってくれてた

友人は年上や男の子が多く
感受性が年上としか合わなかった
しかし 多分に表現が苦手で
察してくれる人が必要だったんだろう

未だに人の気持ちがわからず
悩み続ける
人懐こく誰とでも打ち解けるのに
心は疑心暗鬼でいっぱい

今お付き合いしてるかずくんは
この上なく性格が良かった
昨日は友人の芝居の稽古の相手をしに
千葉に泊まりにいった

親友なのに
そして楽しかったのに
そらは悩み事がふえる

わからないことだらけ

かずくんはイツカワタシを嫌いになる
シャレンもはるなもそうだ

そう言って私の前で絞り出すように泣いた

私にしか吐けない悩み事

でも 母はもうそんなに側にはいられない

そらは一人で歩かなくては

昨日は進路ガイダンスがあったため
より一層思考が溢れ
整理できない様子だった

頭がパニックして疲労して
破裂しそうなんだと思った

早く寝ないといけないのに
動けない
携帯をにぎりしめ かずくんやシャレンからのメールに答えて

夜がふけていく

岩のように動けない娘を
私はなだめ うながし ようやく入浴させた

くたくたの夜

そらが風呂に入ると同時に
私はバタンと寝たらしいが
思えば 公演前は親子してボロボロだったなぁ
スポンサーサイト
【2008/12/17 11:14】 病院 | トラックバック(0) | コメント(0) |
診断
そらには やはり軽度の発達障害があった
今まで 謎だった彼女の行動の理由

少しずつ私の中で パズルが合っていく

本人には障害名を告知しないよう
先生とは話してある

先生はやんわりと アスペルガーが核として考えた場合
アスペルガーと普通の人の間にある
沢山の障害(広汎性発達障害)のなかの何個かが
そらにあてはまると説明した

リストカットを行う人の中に
人に気がついてもらいたい
振り向いてほしい
そういうことで切る人が大半だけれど
どうもそらちゃんは違うと感じるんだけど
どう思う?
と先生は聞いた

そらは黙ってうなづいた。

私もそう思うと答えた

そらは自分の中の焦りや不安で
パニックになり
自分を責め切るのだ

知能や感受性は人より発達している
しかし行動する力がなく
そのあまりのアンバランスが
彼女を強い不安に陥れる

育ててにくいと何度か悩んだ
私のせいだと悩んだ
私自身も何かあると

発達障害は脳の認知力の問題
生涯背負っていくもの
経験と考え方を良い思考に持っていくための
治療がこれからはじまる
【2008/12/17 08:58】 病院 | トラックバック(0) | コメント(0) |
二時間
20081203130624
心理検査はハンパなく
一時間半から二時間かかるそう

ずっとiPodで動画をみたり 音楽きいたり
すわりつづけてお尻が痛い

積み木をつんだり
絵を並べたり
絵を見て感想言ったり

したそうです

そらは昨夜お付き合いをもうしこまれ
今日はご機嫌

3日単位 いや 1日単位で
気持ちが落ちたり浮かんだり
大変だろう

そらのお気に入りのブライスバック
これで登校してます
【2008/12/03 13:06】 病院 | トラックバック(0) | コメント(2) |
心理テスト
20081203094438
本日 病院にて心理検査をします
午後は登校
しかし とても高校生とは思えない格好
いくら自由な学校とはいえ

パーマは禁止のはず(;_;)
髪をしばると
実は後ろ下半分はかりあげてます(>_<)
暴走娘はどこにいく

先生方はさすがに赤タイツをはいていったら
見かねて注意したそう

パフォやめて無気力になるのを心配した先生方
勉強にも身が入らず単位が危ないそらを
見守ってくれてます。
【2008/12/03 09:44】 病院 | トラックバック(0) | コメント(0) |
先生入院
そらが保育園の時から
みてもらってた小児科医のI先生が
入院してしまった

どんな病状かわからず 病院もあかされない

何ヵ月かかかるようだ

数日前から 何度となく
そらにむけた先生の話を思い出してた

人生は本当にいろいろあって
そらちゃんは随分若いときに
人生の辛さを味わったけど
たまたま 早く苦労してるだけで
これから良いことは沢山ある

とか

そらちゃんは 道端の花に足を止めて
歩いてるんだ
走っていく人たち寄り道しない人たちは
早く目的地までいけるけど
そらちゃんは寄り道したぶん
人の心がわかるようになる

そんな話をしきりに思い出してた

医者のブヨウジョウだと笑う先生の顔が早くみたい

そらは今日心臓が痛く いつもの痛みでなくパニックしていた
手首の乾いた傷あとと 新しい傷と
そらが見せられるのは先生だけ
【2008/11/28 11:44】 病院 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。